2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ガーシュウィン/ラプソディー・イン・ブルー | トップページ | デュティユー/交響曲第2番 »

2008/07/26

ベートーヴェン/悲愴

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタハ短調作品13(第8番)「悲愴」@ワルター・ギーゼキング(EMI:TOCE-8355)

 1956年10月の録音.このCDがステレオ初出との由.
 ギーゼキング(1895-1956)は,かの内田光子が「レコード芸術」のインタビューで「あのひとだけは,なにがやりたかったのかよくわからないピアニスト」という意味のことを話していた記憶がある(^^;).何しろ,ブルーノ・ワルター/ヴィーン・フィルとベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番を録音したときはお互いに失敗だと思っていたのに,メンゲルベルク/コンセルトヘボウとラフマニノフを共演しているのは,それだけメンゲルベルクの方がモダンな感覚を持っていた,と言うことなのか(ギーゼキングはメンゲルベルクとの共演についてはコメントしていないらしい.何しろ共演は第二次大戦中のことで,メンゲルベルクは戦後対独協力者ということで演奏を禁じられてしまっていたので,自らは危険を回避したのだろうか)?

 それはさておき,この「悲愴」ソナタは凄い.ちょっと調子の悪いときに聴くと,第2楽章で涙が止まらなくなるくらい,しみじみとした好演である.両端楽章ではキリッと引き締まった演奏を聴かせる.ルドルフ・ゼルキンほどカッチリぎっちりした技巧では無いが,粒立ちの良い音で軽やかながらも説得力を持って迫ってくる.

« ガーシュウィン/ラプソディー・イン・ブルー | トップページ | デュティユー/交響曲第2番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/悲愴:

« ガーシュウィン/ラプソディー・イン・ブルー | トップページ | デュティユー/交響曲第2番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ