2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ嬰ハ短調 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

2008/06/28

J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(シューマンによるピアノ伴奏付き)

J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004(シューマンによるピアノ伴奏付き)@ジャン=ジャック・カントロフ&ゴードン・バック(ナショナル・トラスト:CD 010)

 1996年9月26日と27日の録音.
 ご存知,あの「シャコンヌ」を含むバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータに,ローベルト・シューマンがピアノによる伴奏を付したという,少々風変わりな作品(?)の録音.ここでのシューマンは,バッハの音楽には手を加えずに,ピアノで音楽を補強した,ということであるらしい.シューマンはバッハの無伴奏チェロ組曲やパガニーニの「24の奇想曲」作品1でも同様のピアノ・パートを付けている(パガニーニはデイヴィッド・ギャレットというヴァイオリニストがDGに24曲中,23曲を録音しているのを聴いたことがある.あの有名な主題を持つ24番のみ本来の無伴奏で録音しているのはヴァイオリニストの矜持なんですかね).全体的にピアノは控え目で,何のためにピアノを追加したのか,実のところよくわからない(^^;).

 まあ,作品は単に珍しいものを聴いた,という程度のもの(カントロフのヴァイオリンはさすが)だが,最後の「シャコンヌ」で俄然,ピアノが分厚く鳴り響く箇所があるのが如何にもシューマンらしい(^^;)ような気はする.

« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ嬰ハ短調 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ嬰ハ短調 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ