2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ブックステフーデ/夕べの音楽 »

2008/05/11

J.S.バッハ/音楽の捧げ物

J.S.バッハ/音楽の捧げ物BWV1079@シギスヴァルト・クイケンほか(ドイツ・ハルモニア・ムンディ:88697 281822/4)

 1994年2月22日から25日の録音.例の50枚組の1枚である.
 確かこの作品,楽譜に使用楽器の指定が無いので,いろいろな編曲/解釈が可能.でもって,「6声のリチェルカーレ」をアントン・ヴェーベルンが編曲したものは,近代のオーケストレーション技法史上,不滅の価値を持つものだが,古楽としてはこちらのほうがより妥当な編曲/解釈ということで.

 音楽における「秩序と形式」の近代は,恐らくW.A.モーツァルトとベートーヴェンの線で出発し,ブラームスとマーラーとレーガーを経て,新ヴィーン楽派が極北なんだろうと思う.この「音楽の捧げ物」は極北まで行き着いたモダニズムの揺り戻し(それは「古楽復興」の名の下にモダニズムから出発し,プレ・モダン回帰の衣装をまとったポスト・モダニズムがもたらした成果である)が見事な着地点を見出した,その実践例であろう.

 「秩序と形式」の近代を未消化のまま,「混沌と自由」のポスト・モダニズムへの移行を計るのはプレ・モダンへの退行であり,「先王に法とらず礼義を是とせず」(『荀子』非十二子編)という謗りを免れ得ぬまい.

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ブックステフーデ/夕べの音楽 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/音楽の捧げ物:

« マーラー/交響曲第7番 | トップページ | ブックステフーデ/夕べの音楽 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ