2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ストラヴィンスキー/春の祭典 | トップページ | バラキレフ/交響曲第1番 »

2008/04/11

リヒャルト・シュトラウス/管楽合奏のための組曲

リヒャルト・シュトラウス/管楽合奏のための組曲変ロ長調作品4(作曲者によるピアノ連弾版)@ベニョーニャ・ウリアルテ&カール=ヘルマン・ムロンゴヴィウス(アーツ:47262-2)

 1985年12月の録音.
 1884年に作曲された「管楽合奏のための組曲」を,作曲者自身がピアノ連弾に編曲したもの.CDの解説をちゃんと読めば編曲にまつわるいろいろな事情もわかるのだろうが,生憎読んでる暇が無い(^^;).いわゆる「ウィンド・アンサンブル」っぽい編成のための作品をリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)は初期から晩年に至るまで幾つか作曲していて,中には「ソナチネ第2番」のような40分を超える大作もある.それらの作品がポピュラーではないのは,一連の交響詩のように派手な体裁をとらないからなのか,はたまたアマチュアの手に負えないほど難しいのか.昨今,中学の吹奏楽部でもヒンデミットを採り上げることもあるから,やはり作品に少々魅力が不足しているのかしらん?

 その,あまり演奏されない組曲の,さらに珍しいと思われるピアノ連弾版は,思ったよりも面白い聴き物なのであった(^^;).作品の骨格がしっかりしているので,骨組みだけのピアノ連弾でも充分聴ける音楽になっているというわけ.アルフレッド・カゼッラが編曲したマーラーの交響曲第7番の連弾版がつまらないことおびただしいことを考えると,さすがにシュトラウスは職人芸を身に着けていた,ということか.

« ストラヴィンスキー/春の祭典 | トップページ | バラキレフ/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス/管楽合奏のための組曲:

« ストラヴィンスキー/春の祭典 | トップページ | バラキレフ/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ