2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベルリオーズ/レクィエム | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

2008/02/20

シューマン/ピアノ協奏曲

シューマン/ピアノ協奏曲イ短調作品54@ゲザ・アンダ&ラファエル・クーベリック/ベルリン・フィル(DG:415 850-2)

 1963年9月の録音.
 ゲザ・アンダ(1921-1976)はブダペスト生まれのピアニスト.同じくハンガリー出身のフェレンツ・フリッチャイとバルトークのピアノ協奏曲の素晴らしい録音を残す一方,弾き振りでモーツァルトのピアノ協奏曲全集を録音し,そのK.467(第21番)の第2楽章が映画のサウンドトラックに使われたこともある.ここでは,クーベリックと組んで,「ピアノの吟遊詩人」とフルトヴェングラーに呼ばれたという逸話に相応しい,リリシズム溢れる好演を展開している.それでいて嫋嫋とした感じではなく,抑制されながらも出るところは出る,というダイナミズムをも感じさせるのが,アンダが生前名ピアニストとして遇された所以であろう.20年近く前の買い物で,買った当初はわからなかったけど,今聴くと,終楽章など技巧的にも余裕たっぷりに弾いているのがよくわかる.

« ベルリオーズ/レクィエム | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマン/ピアノ協奏曲:

« ベルリオーズ/レクィエム | トップページ | ブルックナー/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ