2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« プロコフィエフ/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | 「図書館の自由に関する宣言 20××年改訂」の可能性 »

2008/02/24

チャイコフスキー/交響曲第6番

チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」@セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィル(EMI:5 56523 2)

 1992年11月14日と16日のライヴを編集したもの.
 チェリビダッケのブルックナーは,シュトゥットガルトからミュンヘンに移ってテンポが格段に遅くなったものだが,ロシア音楽についてはシュトゥットガルト時代からテンポが遅いことが知られていた.NHK-FMでシュトゥットガルトでのチャイコフスキーの5番と,リムスキー・コルサコフの「シェヘラザード」が放送されたとき,既に両曲ともに50分を超える演奏で,その日の番組が(当時は午後8時から10時までの2時間番組)この2曲で終わってしまったことは,もう何度か書いたような気がする(^^;).

 この「悲愴」もその例に漏れず,前後の拍手を除いても60分近い時間をかけて,峻厳に演奏している.多分にロシア風というよりはゲルマン風な解釈なのだろうが,絃の美しさもさることながら,金管の嚠喨たる音色が印象的な演奏である.

« プロコフィエフ/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | 「図書館の自由に関する宣言 20××年改訂」の可能性 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー/交響曲第6番:

« プロコフィエフ/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | 「図書館の自由に関する宣言 20××年改訂」の可能性 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ