2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« チャイコフスキー/交響曲第1番 | トップページ | シューベルト/交響曲D.944 »

2008/02/14

W.A.モーツァルト/交響曲第41番

W.A.モーツァルト/交響曲ハ長調K.551(第41番)@カルロ・マリア・ジュリーニ/ベルリン・フィル(ソニークラシカル:SMK87866)

 1991年5月24日から26日の録音.
 ジュリーニ(1914-2005)やバーンスタイン(1918-1991)のようなタイプのモーツァルト演奏,つまり古楽派の影響下に無いロマンティックなタイプの演奏は,テンシュテット(1926-1998)を最後(北ドイツ放送響とのK.551のライヴ録音が出ています)に,残念ながら録音の上では滅んでしまったのでしょうか.

 当世流行の,速いテンポと鋭いアクセントを用いたものではなく,音楽を大づかみに捉えた,柔らかなアクセントでふわっと演奏する,夢見心地なアマデウスは恐らくもう過去のものなのでしょうが,僕も旧世代の切れっ端とみえて,アーノンクールのような演奏ばかりではなく,時々ジュリーニやヨッフムの「ジュピター」,バーンスタインの「プラハ」とか聴きたくなります.ベームの40番やK.297Bは,また別の流派をなすものでしょうが,旧世代の立派なアマデウスとして,ついつい感傷的になりながら聴いています.

« チャイコフスキー/交響曲第1番 | トップページ | シューベルト/交響曲D.944 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W.A.モーツァルト/交響曲第41番:

« チャイコフスキー/交響曲第1番 | トップページ | シューベルト/交響曲D.944 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ