2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第5番 | トップページ | すれ違い・めぐり合い »

2008/02/03

リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲

リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲作品64@デイヴィッド・ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管絃楽団(アルテ・ノヴァ:74321 98495 2)

 2002年2月11日-13日の録音.
 1915年に初演された,リヒャルト・シュトラウスが大管絃楽のための作曲した最後の大作である.夜明けとともに登山者(説明によっては「さすらい人」と称されることも)が登山を開始し,登頂に成功した後,暴風雨に遭いながらも下山し日没を迎えるというストーリーを逐一なぞって音楽は進行する.ウィンドマシーンだのサンダーマシーンだのを動員した4管編成の豪壮華麗なオーケストレーションを随所で展開しているにも関わらず,どこか寂しげな雰囲気が漂うのは,ニーチェからの影響によるものらしい.
 一部では,曲中のある動機が「ウルトラセブン」のテーマにそっくりであることでも有名(^^;).

 ジンマンの演奏は,音楽が過度に重々しくなることを避け,ある種の「軽み」をたたえた明るく,親しみやすいもの.カラヤンや若い頃のメータによるシュトラウスのように,脂肪分たっぷりというわけではないので,物足りないと思う聴き手がいるかもしれない.

« マーラー/交響曲第5番 | トップページ | すれ違い・めぐり合い »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス/アルプス交響曲:

« マーラー/交響曲第5番 | トップページ | すれ違い・めぐり合い »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ