2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« アルヴェーン/交響曲第1番 | トップページ | マーラー/交響曲第5番 »

2008/02/01

ラフマニノフ/「鐘」

ラフマニノフ/合唱交響曲「鐘」作品35@ドミトリー・キタエンコ/デンマーク国立放送交響楽団(シャンドス:CHAN8966)

 1991年1月18日-19日の録音.
 これを買ったとき,ラフマニノフで「鐘」というタイトルが付いているので,てっきりロシア正教の教会の鐘がごーんごーんと打ち鳴らされる様を合唱使って描いているのかと思ったら大間違い(^^;).エドガー・アラン・ポー(1809-1849)の「鐘」という詩を,コンスタンチン・バリモント(1867-1942)がロシア語に翻訳したテキストを用いて,約40分,4楽章からなるソプラノ,テノール,バリトンの独唱,合唱と3管編成の管絃楽のための,落日の絢爛たる夕映えを思わせる音楽をラフマニノフは書いたのだった.

 ちなみに,ポーの原詩はこれかな? ポーは4つの鐘(銀,金,銅,鉄)の音色をそれぞれ人生の情景に例えてうたっているそうで,如何にも厭世的な感性の持ち主だったらしいラフマニノフに相応しいものであるらしい(僕の英語力では,原詩から深いところまで読み込むのは無理.あとで何処かから日本語訳を仕入れてこないと).

« アルヴェーン/交響曲第1番 | トップページ | マーラー/交響曲第5番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ/「鐘」:

« アルヴェーン/交響曲第1番 | トップページ | マーラー/交響曲第5番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ