2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 貸出履歴の保存は資料破壊の抑止力たりえるか? | トップページ | SBMパスファインダー改め,ただの「タグクラウド」パスファインダーになるかも? »

2008/02/04

ブラームス/クラリネット三重奏曲

ブラームス/クラリネット三重奏曲イ短調作品114@ミシェル・ポルタル,ミハイル・ルディ&ボリス・ペルガメンシコフ(EMI:7 54466 2)

 1991年10月または12月の録音.
 ミシェル・ポルタル(1937-)はフランス生まれの,クラシックからフリージャズまでこなす異能のクラリネット奏者.ここではロシア生まれのピアニストとチェリストを従えての,ブラームスである.
 実はこの録音,初めて聴いたときから何度聴き直しても非常につまらない演奏にしか聴こえず,どうしたもんだろうと思っていたら,数年前にあるひとから「曲がつまらないんだよ」と言われて,目からウロコ(^^;).言われてみればこの作品,幾らブラームスとは言え,あまりに晦渋で余計な感情の入る余地が余りにも抑制された音楽なので,他者を受け入れる間口が非常に狭いと思う.この曲がわかるようになるまで,いったいあとどれだけの試練を人生で乗り越えなければならないのだろう,というところか.
 当方,まだまだこの境地には達してないし,恐らくこれからも達することは無いだろうな.

« 貸出履歴の保存は資料破壊の抑止力たりえるか? | トップページ | SBMパスファインダー改め,ただの「タグクラウド」パスファインダーになるかも? »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/クラリネット三重奏曲:

« 貸出履歴の保存は資料破壊の抑止力たりえるか? | トップページ | SBMパスファインダー改め,ただの「タグクラウド」パスファインダーになるかも? »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ