2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« もう「学問」のレベルで解決できる話じゃない | トップページ | W.A.モーツァルト/交響曲第41番 »

2008/02/13

チャイコフスキー/交響曲第1番

チャイコフスキー/交響曲第1番ト短調作品13「冬の日の幻想」@エフゲニ・スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立交響楽団(メロディア/BMG:74321 34163 2)

 1967年録音.
 スヴェトラーノフ(1928-2002)最初のチャイコフスキー全集から.やはり,こう寒いとチャイコフスキーとかラフマニノフとか,ロシア系の音楽が恋しくなりますね(^^;).しかも,この第1番はチャイコフスキー自ら副題を付けただけあって,冬に相応しい雰囲気の作品です.このスヴェトラーノフの演奏は,若いときのものだけあって相当な力演(よく言われる「爆演」ではない)ですが,しっとり聴かせるべきところは思った以上に細やかな情感を出しています.とはいえ,やはり出色は終楽章のパワー全開な突進かもしれません(^^;).ムラヴィンスキーの狂気さえ漂わせる「統率された阿鼻叫喚」とはまた違った,現実主義的ではありますが一糸乱れぬ重戦車の馬力が聴けます.

« もう「学問」のレベルで解決できる話じゃない | トップページ | W.A.モーツァルト/交響曲第41番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー/交響曲第1番:

« もう「学問」のレベルで解決できる話じゃない | トップページ | W.A.モーツァルト/交響曲第41番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ