2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« NDC・NCRの電子化と公開はいつになるの? | トップページ | マーラー/交響曲第9番 »

2008/02/07

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73@エドウィン・フィッシャー&ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィル(EMI/新星堂:SGR-7109)

 1951年2月の録音.
 言わずと知れた,いにしえの名盤(^^;).ここに流れるのは,この作品に相応しいゆったりした「時間」と,ベートーヴェンに対する解釈への揺るぎの無い「自信」である.恐らく何度も公開の場で演奏し,練習でも反復していたであろうが,全くマニエリスムに陥ることなく,音楽する歓びと古典的な造形が高度な次元で達成されている.フィッシャー(1886-1960)は「グランドマナー」という名の派手な演出をするピアニストではなく,また正確無比のテクニシャンでも無く,むしろ地味で音楽の内面に没頭してその良さを引き出すタイプの演奏家だったが,ここでもその点で変わるところは無い.ここでは,伴奏を付けているフルトヴェングラーが天衣無縫な振りをして,実は細心の注意を払うことも出来る指揮者だったが故に,フルトヴェングラーのスケールの大きさがほどよくフィッシャーの美点を際立たせることに成功している.

« NDC・NCRの電子化と公開はいつになるの? | トップページ | マーラー/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番:

« NDC・NCRの電子化と公開はいつになるの? | トップページ | マーラー/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ