2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« マーラー/交響曲第1番 | トップページ | カリンニコフ/交響曲第1番 »

2008/01/08

W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタK.311

W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタ イ長調K.311@エリー・ナイ(コロッセウム:9025-12.2)

 1964年の録音.
 2008年に没後40年を迎える,両大戦間に正統派のベートーヴェン弾きとして勇名を馳せ,ヒトラー崇拝者でもあった(故に晩年は不遇であった)大ピアニスト,エリー・ナイ(1882-1968)最晩年のステレオ録音で,モーツァルトの「トルコ行進曲付きソナタ」を.録音が多少古ぼけてきており,高音や強音で時々割れるのが何とも惜しい.

 ベートーヴェン奏者としては,その雄渾なピアニズムを最晩年まで保持し続けたナイですが,このアマデウスはひたすらかわいらしく,下世話な表現をするならば「カマトト」ぶって弾いているんじゃないかしら(^^;).もちろん,K.311をベートーヴェンの最後の3つのソナタのように壮大に(鈍重に)弾く必要もないわけで,そのあたりはキチンと弾き分けているわけですね.

 ただ,正直,脂肪っ気の抜け切った音による,枯淡の境地に遊ぶピアニズムで,昨今の刺激の強いピリオド楽派的なアマデウス演奏に慣れた耳には面白くない演奏なんじゃないかなあ,と思わないでもないですね.今のピアニストなら,もっと水際立った演奏を聴かせるに違いないでしょう(特に第3楽章).

 でも,「古典」を古典らしく弾く,というのはこのような演奏のことなのでしょう,という説得力は充分に持っています.そのような意味では,大ピアニストとしての矜持は最後まで持ち続けたのかなあ,と.

« マーラー/交響曲第1番 | トップページ | カリンニコフ/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタK.311:

« マーラー/交響曲第1番 | トップページ | カリンニコフ/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ