2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« カリンニコフ/交響曲第1番 | トップページ | ブラームス/交響曲第3番 »

2008/01/10

グラズノフ/交響曲第5番

グラズノフ/交響曲第5番変ホ長調作品55@エフゲニ・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィル(アルトゥス:ALT064)

 1979年6月8日,NHKホールでのライヴ録音.
 柴田南雄『レコードつれづれぐさ』(音楽之友社)に拠れば,ロシア革命から逃れてきた白系ロシア人の演奏家が多く滞在していた第二次大戦前の日本楽壇で,グラズノフの5番や昨日取り上げたカリンニコフの第1番などは,既に演奏されていたそうで,他の資料と付き合わせてみるとカリンニコフの日本での初演者は,かの近衛秀麿(1925年4月)だったらしい.

 それはさておき,グラズノフの音楽は一般的に旋律は美しいものの,長めの作品になるとメリハリが少なくて退屈なことがあったりもするのだが(当方,グラズノフの名曲とされるヴァイオリン協奏曲が退屈で退屈で,フィナーレのトランペットが聴こえてきてようやく「救われた」と思ってしまうヒトです),この交響曲第5番は音楽が可憐で美しい瞬間がある上に,古典的な造形による適度な求心力もある.とはいえムラヴィンスキーがチャイコフスキーやブラームスのように演奏したら壊れてしまいかねない音楽なので,さすがにムラヴィンスキーも手綱を抑え解釈を作品に合わせている.レニングラード・フィルの硬質の美音がたまらない1枚である.

« カリンニコフ/交響曲第1番 | トップページ | ブラームス/交響曲第3番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラズノフ/交響曲第5番:

« カリンニコフ/交響曲第1番 | トップページ | ブラームス/交響曲第3番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ