2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタK.311 | トップページ | グラズノフ/交響曲第5番 »

2008/01/09

カリンニコフ/交響曲第1番

カリンニコフ/交響曲第1番ト短調@ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管絃楽団(シャンドス:CHAN8611)

 1987年4月の録音.
 間違いなく,ヴァシーリ-・カリンニコフ(1866-1901)再評価のきっかけになった録音.何処か感傷的な「懐かしさ」を感じさせるこの作品をスヴェトラーノフやアシュケナージが振ると,妙に粗暴で豪快な演奏に仕上がるのだが(それはそれで,ロシア人がカリンニコフをどう受け止めているかを考える興味ぶかい材料ではある),ヤルヴィはいたづらに豪快さを求めることなくリリックにこの音楽を振っているのが,この録音が成功している一因だろう.まず「好演」と言える.


 ・・・・・・ところで,誰ですか僕が最近,何処かの論争に首を突っ込んでいるという誤った情報をリアル世間で振り撒いている方は? 最近の図書館系blogでの論争と言えば「図書館無料/有料論争」か「図書館不要論争」あたりでしょうが,僕はどちらにも首を突っ込んではいませんよ(どちらにせよ,論陣を自blogでは張っていないという意味).『図書館戦争』をめぐる言論弾圧一件は,今のところ「論争化」しているとは言い難いですし.
 やってもいないことまで「お前さんが絡んでいるんだって」とこのblogを知らないリアル世間のひとから言われるのは,身から出た錆とは言え,願い下げです.

« W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタK.311 | トップページ | グラズノフ/交響曲第5番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリンニコフ/交響曲第1番:

« W.A.モーツァルト/ピアノ・ソナタK.311 | トップページ | グラズノフ/交響曲第5番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ