2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/交響曲第5番 | トップページ | 「法の下の平等」とレコメンドサービス »

2008/01/28

W.A.モーツァルト/2台のピアノのための協奏曲

W.A.モーツァルト/2台のピアノのための協奏曲変ホ長調(第10番)K.365(316a)@マルコム・ビルソン,ロバート・レヴィン&ジョン・エリオット・ガーディナー/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(アルヒーフ:463 113-2)

 1987年10月の録音.
 メンバーを見ればわかるように,古楽派による演奏である.個人的に,フォルテピアノによるモーツァルトには「輝かしさ」が欠けるような気がしてならないのだが,この演奏もその例に漏れない.全体としては音楽する歓びにあふれた,すこぶる充実した好演であるにもかかわらず,聴き終わっての充足感にいまひとつ欠けるのは,フォルテピアノの渋すぎる音色のためじゃあないかと愚考している(^^;).
 昔々,N響がチック・コリアとキース・ジャレットをソリストにこの作品を演奏したのをテレビで聴いたことがあるのだが,それと同じくらいにこの録音から音楽する歓びを感じるのに,モダンピアノの方がモーツァルトには合っているように感じてしまう.不思議なものである.

« ベートーヴェン/交響曲第5番 | トップページ | 「法の下の平等」とレコメンドサービス »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W.A.モーツァルト/2台のピアノのための協奏曲:

« ベートーヴェン/交響曲第5番 | トップページ | 「法の下の平等」とレコメンドサービス »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ