2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

2007年10月28日 - 2007年11月3日の記事

2007/11/03

フランソワ・クープラン/王宮のコンセール

フランソワ・クープラン/王宮のコンセール@ヤープ・テル・リンデンほか(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMA1901151)

 1984年の録音.力みの無い,軽妙でシャレた雰囲気の好演である.年がら年中,独墺系後期ロマン派をガンガン聴いている僕でも,たまにはフランス・バロックの音楽を聴くこともあるよん,ということで(^^;).

 大クープラン(1668-1733)がフランス宮廷に関係していた頃(1717年からは宮廷作曲家・オルガニストを勤めている)は,宮廷で毎週日曜日ごとに国王のための演奏会が催されており,そこで演奏するために作曲したという合奏のための組曲である.この録音ではフラウト・トラヴェルソ2本,クラヴザン,バス・ド・ヴィオールという編成で演奏されている.

 ちなみに大クープラン当時のフランス国王は他でもない「太陽王」ルイ14世(在位1643-1715)と,その後を継いだルイ15世(在位1715-1774).その当時のフランス宮廷は,このような華麗で洒脱な音楽を毎週,生で聴いていたのだな(^^;).

2007/11/02

AliceⅤ

AliceⅤ@アリス(東芝EMI:TOCT-10104)

 オリジナルLPは1976年7月5日発売.
 ちょっと前に,レコード屋の商品入れ替えのワゴンセールで入手したCD.恐らく,僕よりひとつ上の世代(1960年代前半生まれ)のひとには懐かしい内容でしょう.「今はもうだれも」「遠くで汽笛を聞きながら」「帰らざる日々」・・・・・・(^^;).僕は「養老院サンバ」(違)でアリスを知ったクチなので,このアルバムは自分の「懐メロ」と言うより「過去の名曲」に近い扱いですね.
 「今はもうだれも」は何度かカラオケで歌ったことありますが(生ギターで歌えたら,カッコよかったでしょうねえ),当時のロングセラーとして新聞にも取り上げられた記憶のある「帰らざる日々」って,ホントに真っ暗な曲ですね.とても僕はカラオケにはかけられない.

「オレ流だね」

 【愚智提衡而立治之至也: ブルックナー/交響曲第8番】への自己レス.

 今朝までは,ほぼ上記エントリーを書いたときの気持ちを引きずっていたけど,

産経新聞【落合采配に玉木氏も激怒「中日新聞への寄稿やめる」

この記事を見て気が変わった.冗談じゃない.短期決戦の綾はどこで潮目が変わるか,試合をしている当人たちにだってわからないんだ.昭和58年の日本シリーズ第6戦での西本聖投入を,昭和61年の日本シリーズ第5戦での工藤公康のサヨナラ安打を,お前は見なかったのか.昭和63年の日本シリーズ第1戦,ドラゴンズの先発が小野和幸だったときにライオンズの選手が何と思ったか,知らないとでも言うのか.

今回の山井→岩瀬の投手交代は,誰が何と言おうが落合監督が正しい.あの場面,岩瀬がどれだけの重圧で投げていたか.彼は最後の場面を覚えていないと言う.

中日スポーツ【岩瀬、究極継投!緊迫の3アウト 9回から救援


「人生初めて、こんなプレッシャーの中で投げました。最後のことは全然、覚えていません」

あの場面は投げることよりも,投げないことの方が楽だったに違いない.その中で,ファイターズの攻撃を3人で切って取り,一人の走者も出さなかった岩瀬と,その岩瀬を送り出した落合監督の采配は,「プロの仕事」として褒められるのが筋であれこそ,感情論であれこれ評価すべき代物じゃない.

 今の僕にできることは「オレ流だね」と唸ることくらいなものだ(^^;).

2007/11/01

ブルックナー/交響曲第8番

ブルックナー/交響曲第8番ハ短調@カール・ベーム/ヴィーン・フィル(DG:463 081-1)

 1976年2月の録音.
 【日本シリーズ:中日が53年ぶり2度目の優勝】僕は怒っているのだよ(^^;).最終回,山井に完全試合の夢を見せてやらなかった落合采配に.確かに日本シリーズは短期決戦,どこで潮目が変わるかわかりはしないので,落合采配はそれで正しいのだけど,「完全試合」というのは過去に15人しか達成していない大記録だよ.しかも日本シリーズじゃ誰も達成してない記録ですよ.せめてヒットを1本打たれるまでは山井でいってほしかった.これは感情論で,短期決戦の戦い方はそうじゃない,落合が正しいというのは,理屈の上ではわかっているけどね,それでもやっぱり僕は夢が見たかった・・・・・・,いや,もうやめましょ.感情論じゃ「勝負」はできない.

 まずはなによりも,杉下茂さんが健在なうちに2度目の日本一を達成できてよかったよかった>>ドラゴンズ.おめでとうございます,と祝意と怒気を両方表現できそうな作品,と言うことで今日はこの曲.

2007/10/31

図書館神授説

図書館司書への不満 - 総合歴史研究会
新潟市中央図書館に対する要望 - 総合歴史研究会

 基本的にこのblogを書いている方は,公共図書館を創り上げる主体が誰であるかを理解していない方であると評していいでしょう.公共図書館は図書館司書だけが努力して創り出すものと違いますよ.市民の意識が行政を動かすことによって,その基礎が築かれるものです.だから,このblogを書いている方には無意味な資料であっても,別の誰かには意味のある資料である以上は,それを揃える必要は無いとは,公共図書館を運営する立場では言えないわけなんですよね.もっとも,その「意味」を計るものさしが何であるかが,数十年前までとはズレてきていることは確かですけど,それがいいことなのか悪いことなのかは,個々の公共図書館によって,また個々の業界人によって判断が異なるでしょう.

 ただですね,公共図書館は決して,最初からそこにそのようにある「ありもの」じゃありません.すべての市民に自明のものとして天から授けられるものじゃないんです.「自由」と同じくらいにね.その市民と司書のせめぎあいの中から,いわゆる「良い公共図書館」というものが立ち上がってくるのが,本来のあるべき姿で,せめぎあいもなく良い資料が揃っていた公共図書館が存在していたこれまでが少々恵まれていた,と見るひとがいてもおかしくはないような気がします.

 そうそう,図書館司書を鍛えるのも,自立した市民の役割のひとつですよ.もっとも,書誌(特に郷土資料に限りませんが)を作成する能力は必要でしょうが,それが求められてくる場はこれまでよりも限られてきているし,これからはもっと狭められてくることになっていくでしょうね.市民から求めらているスキルは,明らかに変化していますから.これまでと同様のスキルを図書館司書に求めるのであれば,ある程度の声を糾合して公共図書館にとどまらず,その公共図書館を設置している自治体の首長なり,自治体議会の議員なりに陳情することも必要でしょう.

 事実,新潟市立中央図書館については,総合歴史研究会blogとは異なる感想を記しているblogも存在しますから,総合歴史研究会blogの見解のみが,新潟市立中央図書館に対する単一で最終の普遍的見解であるわけでもありません.このblogを書いている方が,「自分以外はみんなバカ」とした佐久間象山並みの過剰な自意識を持っているのでなければ,昨日・今日・明日を暮らしているすべての市民にとって無意味な資料という存在があると考えること自体がおかしなことくらいは,まさか歴史を学んでいる方ですから,ご理解いただけるものと思いますが,如何なものでしょうか?

レーガー/ピアノ協奏曲

レーガー/ピアノ協奏曲ヘ長調作品114@ゲルハルト・オピッツ&ホルスト・シュタイン/バンベルク交響楽団(コッホ・シュヴァン:CD311058H1)

 1988年の録音.
 産経新聞【中日が3連勝で王手 プロ野球日本シリーズ第4戦】いやー重い重い試合でありました,今日は.だもので,今日はこの重く何処に行くのだかよくわからない作品を.
 さほど調子がいいとは思えなかった小笠原-吉川の両先発投手からクリーンヒットがほとんど打てず,得点は四球とエラー絡み.とはいえ高卒ルーキーで5人目と言う先発を務めた吉川は6回途中までよく投げたよ.
 ファイターズは金子誠だけが振れていたのに,肝心なところ(7回表2死1,2塁)でその金子がセカンドゴロ_| ̄|○ 7回裏,中村紀洋の中前打で5点目を阻止したのは鶴岡のファインプレーだったけど,ドラゴンズは武田久対策を充分にやっていたんだろうな,と思わせる攻めだったな.
 しかし,ファイターズが捕手を替えた途端に,こんな接戦になるんだから,言っては悪いが今年の高橋信二には何か配球に考え違いがあるんだろうか.

 明日は中4日でダルビッシュ.ドラゴンズは山井か.ダルビッシュが何処まで重圧に耐えて自分の投球ができるか.

2007/10/30

ショスタコーヴィチ/交響曲第12番

ショスタコーヴィチ/交響曲第12番ニ短調作品112「1917年」@マリス・ヤンソンス/バイエルン放送交響楽団(EMI:3 65303 2)

 2004年6月の録音.ドラゴンズ初回の,怒涛の猛攻に敬意を表して,今日は切迫感満ち溢れるこの曲.
 【【日本ハム】武田勝1回もたず/日本S】定時で仕事を終わらせ,某所へ廻って用事を済ませて帰宅したら,もう先発の武田勝がマウンドにいなかった_| ̄|○ すべての投球を見たわけではないけど,緩い球をことごとく狙い撃ちされた感じですね.そのあと,準備不足でスウィーニー,建山とつぎ込んで滅多打ち.2回で試合が終わってしまった.先発がせめて5回はもたなきゃ勝ちパターンの武田久まで届かないじゃないですか.
 しかし,ファイターズの中継ぎでもっとも球が速くてドラゴンズが打ちづらそうにしているのは,萩原じゃ? 他の投手はちょっとどうしたものか.

 明日の先発は,ドラゴンズは山井だろうけどファイターズは誰だろう? これまで使われてない金村と立石がいるけど,まさか山本・・・・・・は無いよなあ(^^;).ちょっとだけ期待してみようか.僕が監督なら,今日1回投げ切ってない武田勝の特攻先発も考えるけど,そんなことをホントにやるのは亡くなった仰木さんくらいなものか.

2007/10/29

エルガー/交響曲第1番

エルガー/交響曲第1番変イ長調作品55@コリン・デイヴィス/ロンドン交響楽団(LSO:LS00072)

 2001年9月30日と10月1日のライヴを編集したレコーディング.
 雄大かつ優雅な序奏で始まる第1楽章から,その序奏が壮大に回帰する終楽章まで,その序奏でも使われ,またエルガーが好んだという表情記号「ノビルメンテ」(気高く,高貴に)を体現したような交響曲である.ちょっと何処へ連れて行かれるかわからないようなところがあるので,個人的には見通しのいい第2番の方が好きだけど,第1番の方が広く一般には好まれているようだ.
 デイヴィスの演奏は,いささか現実的な響きだけど,この大規模な作品を破綻させることもなく,見事にまとめて間然とするところが無い.

「矢祭もったいない文庫」始まる

 毎日新聞【矢祭もったいない文庫:図書館の寄贈本、集会所などに分冊--開設式
 福島民報【矢祭もったいない文庫が開設 25カ所一斉に
 福島民友【集会施設に文庫開設 矢祭で寄贈図書を有効活用

 これらの記事をはてブするのに,しつこく「追いかけてますよ」と書いたのは,もちろん「これは“お祭り”や“イベント”ではない.目新しさで祭り上げ,飽きれば捨ててしまうこと自体が“もったいない図書館”の精神に反していると思うのは私だけだろうか?」と書いた方がいらっしゃったからで(^^;).少なくとも地元のメディアではそこそこ継続的に取り上げられているし,こうして近所の住人は新しい動きがあればエントリーを上げますよ.
 冬に一度行ったきりで,しばらく足を向けてないので,新しい動きもあったことだし,紅葉と袋田の滝見物のついでにでも,行ける時間があるといいのだけど.

 ところで,上に引いた文章が載っていた同じ「図書館評論」48号で,山本順一氏が矢祭もったいない図書館をめぐる言論を「全国の多くのブログや,図書館の関係者からクソミソに言われた中で」(p9)と評していますね.あれ,図問研全国大会で西河内氏の言ってたことと全く違うじゃないですか.

青空文庫

 中日新聞【中日新聞:電子図書館・青空文庫が10周年 善意と完成度のはざまで:ネットの話題

 例のDVD,我が勤務先にも届きました.訳あって2枚(^^;).取り敢えず2枚とも手続きして書架に並べるように指示しておいたけど,今どき青空文庫を知らずに務まる図書館員というのも,さて如何なものかと.

2007/10/28

オルフ/カルミナ・ブラーナ

オルフ/カルミナ・ブラーナ@ヘルベルト・ケーゲル/ライプツィヒ放送交響楽団(ベルリン・クラシックス:0031202BC)

 1960年ごろの録音.
 日刊スポーツ【中田が好投、1勝1敗に】今日はドラゴンズが昨日の雪辱,ということで不穏な雰囲気のこの演奏を.予想通りのグリン-中田だったですが,外角のコントロールが生命線のグリンが,外角が決まらなければシャレにならない,ということで.おまけに第5戦の先発予想だった吉川が4回表にリリーフで出て来てこれまた変化球が決まらない有様.あとは押本,菊地とファイターズのリリーバーが坂道を転げ落ちて大敗.先発が7回程度までもたないと武田久-マイケルという必勝パターンまで持って来れないファイターズの弱点がモロに出た試合になりましたね.

 8対1の7回裏2死から,我らが(^^;)山本一徳投手がついに登場.変化球がほとんど決まらずどうなることかと思いましたが,結果的には1回3分の1を4人で片付けることができて,まずはひと安心.今日のファイターズのリリーフは揃って変化球のコントロールに難がありましたねえorz 最終回のドラゴンズも継投でヘマをやらかしましたが,tohruさんのコメントにもありましたように,ファイターズの左のリリーフはそもそも足りないようで,本来は先発の吉川をリリーフで起用したけど上手くいかなかった.うーん.

 ドラゴンズは先発の「暴れ馬」中田が力で押しまくり,そのコントロールのばらつきを勘違いされたかファイターズ打線に的を絞らせない投球.セギノールに打たれたホームランこそフォークが落ちなかった失投でしたが,まずは好投と評していいでしょう.それにしても,ファイターズの守備もいいけど,ドラゴンズの守備は素晴らしい(^o^)/ 特に荒木,井端,中村と並ぶ内野は鉄壁ですねえ.外野は英智がいない影響が多少感じられないでもない場面はあったけど(7回裏の工藤の2塁打).

 ナゴヤドームに移っての第3戦は武田勝-朝倉の先発予想.朝倉がシュートで押すことができるかどうかが,カギになるんじゃないかな?

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ