2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007年5月13日 - 2007年5月19日の記事

2007/05/19

メンデルスゾーン/スコットランド

メンデルスゾーン/交響曲第3番イ短調作品56「スコットランド」@ペーター・マーク/マドリッド交響楽団(アーツ:47506-2)

 1997年7月録音.誰が評したのだったか,ペーター・マーク(1919-2001)再評価のきっかけとなった1枚である.得意としたのがモーツァルトやメンデルスゾーンだったためか(ちなみにN響に誰かの代役で登板したときの演目はシューベルトのD.789とD.944だった),荘厳なブルックナーを得意としたギュンター・ヴァントには人気で及ばなかったが(おまけに亡くなったのがジュゼッペ・シノーポリの急逝直前だったため,ニュースとしてはほとんど同時に伝えられることになってしまったのは不運だった),小柄で如何にも「普段着の演奏」っぽくはあったものの,しっかりしたアンサンブルで充実した録音を晩年に幾つも残している.

 それにしても,メンデルスゾーンは最初の代表作である「真夏の夜の夢」序曲から,この「スコットランド」やヴァイオリン協奏曲ホ短調に至るまで,音楽の質が落ちることなく完成度の高い作品を書き続けた.誰だったか忘れたけど,あるひとが「作曲の天才とはW.A.モーツァルトではなくメンデルスゾーンのような存在を言うのだ.モーツァルトの作品は晩年に向かってどんどん深みが出て来るが,メンデルスゾーンの音楽は最初から〈真夏の夜の夢〉序曲で高い質の作品を書き,晩年までその高い質を保っている.質が上がることも無ければ下がることも無い,こーゆうのを天才と言うのだ」という意味のことを,ある講演で話していたのを聞いたことがあるが,まったくその通りだと思う.

 そう言えば,何時だったか〈図書館屋の雑記帳〉が僕のことを15年前と今では言ってることが違う,嘘吐きだと評してたけど,こちとらはメンデルスゾーンのような20年間にわたって同じレベルで発言し続けられるような天才(!)じゃない上に,〈図書館屋の雑記帳〉のようなオコチャマ学級会民主主義(「雑誌に意見が載ったね,よかったね!」)程度の捉え方で業界において「発言すること」を考えているわけじゃないので,お生憎様,としか言いようが無い.今時,フツーの高校生でさえ「15年,意見が変わらないのは勉強してないってことでは? 15年も時間がたてば普通の人間なら意見も変わって当然じゃん」と言っている(^^;).

2007/05/18

ニールセン/交響曲第3番

ニールセン/交響曲第3番作品27@ブライデン・トムソン/ロイヤル・スコティッシュ管絃楽団(シャンドス:CHAN9067)

 1991年7月,トムソン(1928-1991)死去直前の録音.1980年代以降,エルガー,バックス,RVWと名演を連発していたトムソンの,ほとんど最後の遺産である.派手にやろうと思えばリヒャルト・シュトラウスばりに派手に演奏できるニールセンを,渋めの音色で説得力豊かに聴かせる術は,並大抵の手腕ではない.
 この作品はソプラノとバリトンのソロが第2楽章で入るのだが,面白いことにそれが歌詞の無い,いわゆるヴォカリーズでしかも楽章の最後の2,3分だけに登場するという,普通の楽器のような扱い.なかなかに不経済な(?)オーケストレーションであるが,その声は,それまで悲歌のように悲痛な響きで満たされていた音楽の最後に至って,まるで何かが手を差し伸べているように聴こえてくる.そこから第3楽章の不思議な遊びを経て終楽章の広大無辺とも形容したくなるような歓喜に至る構図は,なかなかに興味ぶかいものである.

静粛に!

天才只今勉強中.

2007/05/17

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35@エリカ・モリーニ&アルトゥール・ロジンスキ/ロイヤル・フィル(ウェストミンスター:289 471 200-2)

 1956年9月,ステレオ録音最初期の録音.曲の性格上,併録のブラームスのような,威風堂々あたりを払うという態の演奏では無いが,モリーニもロジンスキも,それでも実に立派な音楽.音の粒立ちに凛とした気品のようなものが感じられ,おおよそ「泣き」が入るようなセンチメンタルからは,実に遠いところにある演奏であろう.
 ロジンスキがモリーニにピタッと伴奏をつけているのはスゴイ.指揮者としての技術の確かさを物語るものだろう.

2007/05/16

マーラー/交響曲第1番

マーラー/交響曲第1番ニ長調@ヤッシャ・ホーレンシュタイン/ヴィーン交響楽団(VOX:CDX2 5508)

 1953年初出.50年代初期のモノラルにしては,音はよく,この作品を聴くのにそれほど不足は無い.ホーレンシュタインの演奏は,どちらかと言えばブルックナーに相応しい(この2枚組みのカップリングがブルックナーの9番なので,余計にそれを感じるのかも)鈍重な(^^;)もので,この曲の「青春の響き」のようなものはあまり省みられていないように聴こえる.ヴィーン交響楽団も指揮者の要求によく応えている立派な演奏ではあるが,若々しさとか,破天荒さに欠けるのは否めない.

2007/05/15

ブルックナー/交響曲第9番

ブルックナー/交響曲第9番ニ短調@ハインツ・レーグナー/ベルリン放送交響楽団(ベルリン・クラシックス:0002712CCC)

 レーグナーのブルックナーは例の如く不思議な感触の演奏だが,この9番は他の交響曲演奏と比べてその演奏にあまり違和感が無い(^^;).第1楽章のコーダで妙なティンパニのクレッシェンドとか部分的には多少あるけど,ブルックナーの感覚からそれほど外れていることもなく,それなりに収まっている.
 なんつーか,つかみどころの無い指揮者であるよ(^^;).

2007/05/13

裕木奈江/森の時間

裕木奈江/森の時間(ソニー:SRCL2589)

 先月,今月と近所のブックオフで105円~250円で売られているCDをあれこれ,文字通り(^^;)掘り起こしているところ.アイドル系やら色物(?)系やら,ホントに不思議なものや貴重なものが棚にあるわけじゃないけど,なんつーか懐かしいものがあるのね.

 で,今日はこれ.そんなに上手い歌じゃないけど,ちょっと可憐な雰囲気で,彼女の売り出し当時のコンセプト(?)に合わせた,いい内容のアルバムに仕上がってますね.
 今だから言えますが,裕木奈江,大好きだったんですよ(^^;).若い頃から演技力もある女優だったし,あのどうしようもない女性週刊誌を中心としたバッシングさえなければ,今頃はもう少しテレビや映画に,いい立ち位置で仕事ができていたでしょうに,本当に惜しいことでした.これだけの才能を潰した奴らは,罪万死に値しますな(sigh).

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ