2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

民間図書館らしい企画を生み続けた船橋北口図書館を助けて下さい!(岡直樹) - READYFOR?

ココログ


ほし2

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月4日 - 2007年3月10日の記事

2007/03/10

ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第6番

ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第6番変ロ長調作品18の6@クリーヴランド四重奏団(テラーク:CD-80229)

 6曲セットの作品18の掉尾を飾る作品.第4楽章の序奏だけが突出して「苦悩するベートーヴェン」だが,あとは全曲を通して軽快で伸びやかな明るい音楽である.ベートーヴェンはどんな音楽でも交響曲第5番や第9番のように難しいことを言おうとしていたわけでも無い(^^;).
 クリーヴランド四重奏団は清潔で爽やかな音楽を奏でている.このクヮルテットの演奏は,どの作品を取り上げても僕にしっくりくるのだよね(^o^)/

日常(2007年3月10日)

 昨晩は眠気に勝てなかった_| ̄|○
 お休みの日.定期通院,数値悪し.風邪で寝込んでいる間,しこたま食べたからな(-_-;).午後は本屋と床屋のハシゴ.風邪で寝込んで3日ばかり風呂に入らず髭をそのままにしていたら「髭生やし始めたんですか?」と尋ねられた(^^;).僕の場合,3日剃らずに無精髭だが,30日剃らずにいても無精髭のままなので,髭を生やすのは無理と決めている.

 今日,3月10日は東京大空襲の日(帝都空襲に相応しい日として陸軍記念日である3月10日を狙ったものらしい).15年ほど前にはメディアでもあまり注目もされてなかったが,最近はそこここで取り上げてくれる方が増えて,ちょっとホッとしているところ.ただ3月10日は下町が大空襲に遭ったということで庶民派からの関心が高く,3月10日以上のB29が来襲した5月23日-25日の山手方面の大空襲にそれほどの関心が払われないのは少々不思議な感じがしないでもない.これは東京大空襲を語る上での原点/原典とも言える名著『東京大空襲』の影響か.それでも,この本を読むことの出来たひとは,ある意味幸せなのかもしれない.
 僕は中学校の図書室から借り出して読んだときの衝撃を未だに覚えていて,数年前に岩波新書のアンコール復刊で手に入れた同書を読み返すことが出来ないまま,今日に至っている.

東京大空襲
東京大空襲
posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.10
早乙女 勝元著
岩波書店 (1980)
この本は現在お取り扱いできません。

また出た「栄養費」

 毎日新聞【西武現金供与:選手は東京ガスの木村投手と早大3年生野手】【西武球団裏金:「奨学金と思った」早大選手の父親】【プロ野球:西武「栄養費」問題 隠ぺい体質、露呈 公表まで半年超】【西武現金供与:太田球団社長が12日に調査報告書提出へ】【プロ野球:西武「栄養費」問題 社長進退に波及も
 読売新聞【「新生西武」に大打撃、計り知れないイメージダウン】【「家計の足しになればと」東ガス・木村投手…現金受領】【 「栄養費」問題で西武、12日にコミッショナー報告

 恐らくは上に挙げたの如く,西武球団にバッシングが始まるんだろうなと見ている.プロ野球側に落ち度がある事例を虎視眈々と狙っているアマチュア側が被害者面して飛びついておるわ(-_-;).まあ,これでもなお,現行のドラフト制度の腐敗の温床である「希望枠」をプロ野球機構が温存するつもりなら,プロ野球そのものが国民からの支持を失う時が意外に早く来ることがあるかもしれない.今後は「希望枠」を廃止し,6親等以内の親族がプロ野球球団から如何なる名目であれ金銭の授受を行ったことが明らかになった選手は,プロ野球機構から永久追放にでもするしかあるまい.それではMLBに一流選手が流出すると言うなら,それでもいいんじゃないのかな.

続きを読む "また出た「栄養費」" »

2007/03/08

マーラー/交響曲第6番

マーラー/交響曲第6番イ短調@ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管絃楽団(シャンドス:CHAN9207)

 ヤルヴィ将軍,快進撃の巻(^^;).第1楽章の提示部を繰り返しているのに20分そこそこというタイム.全体も72分で疾走する.演奏の出来は平均よりちょっと高い程度(聞く者の肺腑をえぐる,なんてのを期待してはいけない)だが,チェレスタがなかなか美しく録音されているのがウレシイ.

日常(2007年3月8日)

 お仕事の日.報告書1本アゲ(^^;).明日は別な文書の作成.それにしてもこの中間管理職は文書作成業務が多すぎ,である.

 【電車内で物を食べるということ : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】これ面白いのは,鉄道車両内で飲食することを不可としている連中が,車内での飲食は「もとからいけないこと」だの「親の躾ができてない」だの「恥を知らない」だのと,何やら麗しき伝統を創造していること(^^;).実のところ,どう考えても車内での飲食は最初から非常識であったはずが無いのである.

続きを読む "日常(2007年3月8日)" »

2007/03/07

日常(2007年3月7日)

 お仕事の日.一日端末画面とにらめっこ.何を書くべか.

 東京新聞【公募図書館長に平賀さん 伊那市教委選ぶ】写真入の記事.決まったようでまずは何よりです.記事にある経歴を見る限り,業界の悪しき伝統や慣例とは無関係な方のようで,それだけでも期待できます(^^;).以前見た記事にあった公募館長の待遇を考えると,伊那市当局の公共図書館に対する理解は必ずしも深くは無く,前途洋洋とはいかないかもしれません.それでも新しい何かがありそうな予感がして,何だか応援したくなりました.
 そうそう,もし業界人が応募して落選していたのなら,ただ恥じるばかりで終わりにせず,そのことを支援した団体(があったとして)が明示した方がいいですよ.後世の為にも.

フランク/交響曲ニ短調

フランク/交響曲ニ短調@ポール・パレー/デトロイト交響楽団(マーキュリー:434 368-2)

 ここ数年,発熱すると聞こえが変になる(-_-;)ので,風邪でダウンして以来数日お休みをいただいておりました.
 復帰1番目は,例の如く快速調で吹っ飛ばす(^^;)パレーの振るフランク.残響の乏しいデッドな録音にもかかわらず,一見情緒に乏しそうな速いテンポの中に豊かなニュアンスが明滅する,美しい演奏.このそっけないテンポに囚われるとパレーが癖になるのだよ(^o^)/ 

2007/03/06

日常(2007年3月6日)

 お仕事の日.最大7割とはいえ,ようやく風邪が治まったかと思ったら(実は今時分が一番調子がいい.仕事イヤなのね),今日はまた夕刻,酷い風が吹く.帰路,何時もの通り畑の脇を帰ったらあまりの強風で土くれが飛んで来た(>_<).
 今日でタトルテープの貼付作業は終了.明日からBDSが稼動するわけだ.これに合わせて利用の際の仕様も変更しないといけない.

 そろそろ,あれも続きを書かないと(sigh).実は時空間の歪みを修正できずにほったらかしてあるわけですが,とにかく書き出してしまわないといけませぬ.

2007/03/05

日常(2007年3月5日)

 風邪治らず.体調不良につき1回休みm(_)m

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

平成23(2011)年東北地方太平洋沖地震

UNIQLOCK

ついった

フォト

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

はてなハイク

  • はてなハイク

MyMiniCity

ココログ図書館ネタ