2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« SBMを図書館が運営し・・・・・・ | トップページ | REIMY BRAND COMPLETE »

2007/12/03

ヘンデル/メサイア

ヘンデル/オラトリオ「メサイア」HWV56@エドワード・ヒギンボトム/アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(ナクソス:8.570131/570132)

 2006年1月の録音.
 「メサイア」はヘンデル自身が上演のたびに改訂していたので,現在も複数の版が演奏されているが,これは1751年ロンドンでの上演時の版に基づくという録音.女声を一切使わず,女声のパートはトレブル(Treble,クイーンズ・イングリッシュで「ボーイ・ソプラノ」を指す)とカウンター・テナーで演奏している.最初の合唱曲(第4曲,And the glory of the Lord~)で高音部が明らかにボーイ・ソプラノだったのに仰天(!)した.この曲,冒頭は確かアルトのパートなんだけど,何度聴き返しても女声にしか聴こえないのは,カウンター・テナーがアルトを受け持っているためか.むしろ第7曲And He shall purify~の方が,いきなりソプラノ・パートのボーイ・ソプラノから出るのと,高音がやたらと目立つ曲なので,その衝撃(^^;)がわかりやすいか.
 演奏は,その珍奇さによりかからない,無駄な装飾を排した真摯で爽やかなもの.一度ならず聴いて損しないだけの演奏に仕上がっている.

« SBMを図書館が運営し・・・・・・ | トップページ | REIMY BRAND COMPLETE »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル/メサイア:

« SBMを図書館が運営し・・・・・・ | トップページ | REIMY BRAND COMPLETE »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ