2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« A White Album@Akiko | トップページ | ルロイ・アンダーソン/そり滑り »

2007/12/22

M.A.シャルパンティエ/パストラーレ・ド・ノエル

マルカントワーヌ・シャルパンティエ/「我らが主イエス・キリスト降誕のパストラーレ」H.483@ウィリアム・クリスティ/レザール・フロリサン(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMX2971082)

 1981年5月の録音.
 マルカントワーヌ・シャルパンティエ(1643?-1704)は生前,ルイ14世の寵臣であったジャン・バティスト・リュリ(1632-1687)の権勢の陰に隠れた存在になってしまい,その若い頃の履歴には現在でも不明な点が多いとされる.1670年ごろからギーズ大公妃のもとで歌手兼楽長として仕えたあたりからの公的な履歴は,ほぼ確実な記録が存在するようだが,当人の私的な逸話となるとさっぱりで,リュリのような派手な私生活をおくることはなく,その残した音楽のように,謹厳とまではいかずとも実直で,素朴なものを信じて美しく生きた人であったようである.残された作品は550曲余りあり,そのうちの400曲は宗教音楽だと言う.
 このH.483は,有名な「真夜中のミサ」H.9とはまた別の,クリスマスを祝う作品.英文のライナーノートをきちんと読んでないので詳細はよくわからないが,とにかくシャルパンティエらしい,素朴でひそやかな美しさをたたえた名曲だと思う.

« A White Album@Akiko | トップページ | ルロイ・アンダーソン/そり滑り »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M.A.シャルパンティエ/パストラーレ・ド・ノエル:

« A White Album@Akiko | トップページ | ルロイ・アンダーソン/そり滑り »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ