2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ヘンデル/メサイア | トップページ | シュトックハウゼン/グルッペン »

2007/12/08

ショスタコーヴィチ/交響曲第15番

ショスタコーヴィチ/交響曲第15番イ長調作品141@クルト・ザンデルリンク/ベルリン交響楽団(ドイツ・シャルプラッテン:TKCC-15036)

 実相寺昭雄監督が亡くなって早1年.
 最近読んだ,とある雑誌に載っていた,飯島敏宏(「金曜日の妻たちへ」のプロデューサー)と原知佐子(女優)の対談で,実相寺昭雄監督が亡くなる直前,ショスタコーヴィチの交響曲を聴いていたというエピソードが出て来る.この話,別な雑誌で読んだ石堂淑朗(音楽評論も手がけた脚本家)のエッセイにも出て来たような記憶がある.石堂は「ブラームスじゃなかったのか,いつから実相寺はショスタコーヴィチが好きになったのか」と驚いたらしい.

 で,実相寺監督が聴いていたショスタコーヴィチの交響曲は何番だったのだろう? 座談会で(音楽音痴だという)原知佐子は「ショスタコーヴィチの何番と何番を(以下略)」と述べていて,これがわからない.5番や7番ではもちろんありえず,もっとも実相寺にふさわしいのは,何となく2番や3番のような気がしてならないのだが(^^;),幾ら何でもそれは妄想だろうか.

 遺作になった「シルバー假面」の次は「光」という作品を撮る予定があったという.「光」のイメージをショスタコーヴィチに投影したら,それはひょっとして15番の透明なオーケストレーションだろうか.それとも11番の第1楽章だろうか.11番は,映画音楽としては終楽章が使われた山本薩夫の「人間の条件」のイメージが付いて回るだろうから,15番を取り敢えず挙げておく.脂の乗り切った時期のザンデルリンクの暗い録音で.

« ヘンデル/メサイア | トップページ | シュトックハウゼン/グルッペン »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ/交響曲第15番:

« ヘンデル/メサイア | トップページ | シュトックハウゼン/グルッペン »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ