2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« A CHARLIE BROWN CHRISTMAS | トップページ | 辛島美登里/サイレント・イヴ »

2007/12/18

コレッリ/合奏協奏曲作品6の8

コレッリ/合奏協奏曲ト短調作品6の8「クリスマス協奏曲」@トレヴァー・ピノック/イングリッシュ・コンサート(アルヒーフ:POCA-2151/2152)

 1987年3月,4月の録音.
 いわゆる,世界で最初の「合奏協奏曲(concerto grosso)」集であるアルカンジェロ・コレッリ(1653-1713)の「作品6」の中でも,よく知られた作品.「クリスマス協奏曲」と呼ばれるのは,この作品が終曲に他の楽章より長大な「パストラーレ」を置いているからである.「パストラーレ(田園曲)」とはイエスが生まれたとき,貧しい羊飼いが突如降臨した大天使から「救世主」が生まれたことを教えられて,馬小屋に眠る幼な子イエスを礼拝しに出向いた挿話(「ルカ福音書」によるのかな?)から,いにしえの羊飼いが奏でた音楽を模した音楽をそのように呼ぶ.バロック音楽の時代までは,クリスマスの前の晩(即ちクリスマス・イヴ)に「パストラーレ」を演奏する慣習があったらしい.
 合奏協奏曲に「パストラーレ」を挿入する楽章構成は,その後トレッリ,マンフレディーニ,ヴィヴァルディなどが継承している.

 個人的には,ピノックの演奏するこのコレッリを聴いていると何となく「喜ばしき智識」という言葉を連想してしまうのだが,肩の力の抜けた,いい演奏だと思う.

« A CHARLIE BROWN CHRISTMAS | トップページ | 辛島美登里/サイレント・イヴ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレッリ/合奏協奏曲作品6の8:

« A CHARLIE BROWN CHRISTMAS | トップページ | 辛島美登里/サイレント・イヴ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ