2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ショスタコーヴィチ/交響曲第6番 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

2007/11/06

ブラームス/交響曲第2番

ブラームス/交響曲第2番ニ長調作品73@フェレンツ・フリッチャイ/ヴィーン・フィル(DG:445 407-2)

 1961年8月27日,ザルツブルク祝祭大劇場でのライヴ録音.何でも,この演奏会はザルツブルク音楽祭でこの年フリッチャイ(1914-1963)が指揮したW.A.モーツァルトの歌劇「イドメネオ」が大当たりを取ったために,急遽追加された演奏会だったとか.同日にはコダーイの「ガランタ舞曲」,ベートーヴェンの三重協奏曲(ソリストがヴォルフガング・シュナイダーハン,ピエール・フルニエ,ゲザ・アンダだったという!)が演奏されている由(【フリッチャイ演奏会記録(放送録音含む)】を参考にしました).

 この演奏,もう第1楽章からノリノリで,フリッチャイがメロディを唸っている声がはっきり聴こえる(^^;).録音がDGというよりはデッカのそれに近いようで(昔は会社によって録音の雰囲気が随分違ったものだった),モノラルの割には生々しいオン気味の音なのが,少々聴きづらくて緩徐楽章で興を殺ぐところがあるものの,両端楽章ではさほど気にならず,早すぎた最晩年の豪放な指揮振りを偲ばせる録音である.

« ショスタコーヴィチ/交響曲第6番 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス/交響曲第2番:

« ショスタコーヴィチ/交響曲第6番 | トップページ | チャイコフスキー/絃楽セレナーデ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ