2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ドヴォルジャーク/交響曲第9番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

2007/11/24

ドヴォルジャーク/交響曲第9番

ドヴォルジャーク/交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」@レオポルド・ストコフスキー/フィラデルフィア管絃楽団(ビダルフ:BID83072)

 1925年5月,10月,12月の録音.
 恐らく,世界で最初に録音された電気録音(マイクロフォン)の「新世界より」である(USAヴィクター原盤).よく聴いてみるとティンパニが無い(^^;).ティンパニのパートがコントラバスとテューバ(?)で代用されているのである.聴いていて,途中で噴出しそうになる.終楽章のシンバルは入っている.
 演奏は,さすがに10年後に録音された名盤(RCA)のような光彩陸離たる感には乏しいものの,情けない音とは言え最初期の電気録音にしては楽器の動きが明瞭に聴こえる程度にはよく録れているし,何しろ澱みの無いテンポで音楽が運ばれていくのはさすがである.余韻に乏しいのは,残響皆無の録音にも責任の一端があろう.

« ドヴォルジャーク/交響曲第9番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルジャーク/交響曲第9番:

« ドヴォルジャーク/交響曲第9番 | トップページ | ドヴォルジャーク/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ