2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ブラームス/交響曲第4番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

2007/11/14

ベートーヴェン/交響曲第9番

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125@エーリヒ・クライバー/ヴィーン・フィル(デッカ:425 955-2)

 1952年6月の録音.
 先日,YouTubeを散策していたら,たまたまエーリヒ・クライバー(1890-1956)が「第9」を振った映像を見つける.

これは1949年の「プラハの春」音楽祭の際に,チェコ・フィルを振ったときのリハーサルの映像だそうだが,以前取り上げたフルトヴェングラークナッパーツブッシュの指揮に比べると,とてもわかりやすい拍の取り方をしている(^^;).なるほど,この楷書体の振り方から,クライバーのかっちりしたテンポによる緩みの無い演奏が生み出されたわけだ.また,このような振り方でなければ当時の新音楽だったアルバン・ベルク(クライバーは歌劇「ヴォツェック」の初演者であるが,初演までに137回のリハーサルを繰り返したという)など,オケをドライヴするのは不可能に近かっただろうな,と感じさせる映像である.

 で,ヴィリーやクナとは異なり,クライバーには幸い,ヴィーン・フィルを振ったスタジオ録音が残されている(残されて市販されているヴィリーの「第9」はライヴ録音ばかり).この世代の指揮者で,「第9」のオーケストレーションにあまり手を入れていないのは珍しいのでは? スケールは少々物足りないものの,テンポをほとんど動かしていないにも拘らず音楽をしなやかに聴かせるクライバーの音楽性は,さすがと思わせる.

« ブラームス/交響曲第4番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/交響曲第9番:

« ブラームス/交響曲第4番 | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第9番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ