2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ビリー・マーチンってご存知ですか? | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第2番 »

2007/10/16

ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第1番

ベートーヴェン/絃楽四重奏曲ヘ長調作品18の1(第1番)@クリーヴランド四重奏団(テラーク:CD-80382)

 録音年がわからないのは,僕の購入したボックスセットに入っていたこのCDのブックレットが,何故か作品132と作品135のものだったから(^^;).ちなみに,本当の作品132と作品135のCDにもそのブックレットが入っていたのでありますよ.

 交響曲,ピアノ・ソナタと並んでベートーヴェンがそのジャンルを至高のものとしたのが,この絃楽四重奏というジャンルですが,ベートーヴェンはその作曲家としてのキャリアの中で,絃楽四重奏は交響曲とともにある程度のレベルを自らが満たせるようになるまで作曲するのを控えていたようです.そして,満を持して作曲し作品番号を付して出版した最初の絃楽四重奏が,この作品18の6曲であり,「作品18の1」はその曲集の先陣を切るに相応しい作品です.作品18の作曲順では2番目だったものを,1番目に持ってきただけのことはあります.

 クリーヴランド四重奏団の演奏は,大変に充実したもので,この作品の世界を十全に,過不足無く演奏しています.何しろ室内楽,中でも絃楽四重奏というジャンルに親しむのが当方,少々遅れたもので,なかなかこれといった演奏にめぐり合えなかったときに,たまたま見つけたボックスセットを大枚はたいて購入した甲斐は充分にある録音.これでもカペーやブッシュ,スメタナあたりの作品59の1や作品131は聴いてきたつもりですけど,どうもピンと来るものがなかったのですが,このクリーヴランドの演奏は僕の感覚に,実にしっくり来るものです.

« ビリー・マーチンってご存知ですか? | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第2番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第1番:

« ビリー・マーチンってご存知ですか? | トップページ | ベートーヴェン/絃楽四重奏曲第2番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ