2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューマン/交響的練習曲 | トップページ | オルフ/カルミナ・ブラーナ »

2007/10/27

リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯

リヒャルト・シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」作品40@ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管絃楽団(シャンドス:CHAN8518)

 1986年12月の録音.
 【日ハムが中日に先勝、ダル完投…日本シリーズ】祝・ダルビッシュと言うことで,今日はこの作品.1試合13奪三振は工藤公康,外木場義郎に並ぶ日本シリーズでのタイ記録だとか.9回表に150キロを超えるストレートでタイロン・ウッズから空振り三振を奪ったところなど圧巻のピッチングでしたね(^o^)/
 負けたとは言えドラゴンズ,要するにセギノールさえ気をつければ,今日の川上のピッチングは参考になるんじゃないかと.川上はそれなりに見事なピッチング(2安打しか打たれてませんがね!)だったけど,今日はダルビッシュがそれを上回る鬼神の如き壮絶なピッチングをしたと言うことで,誰も責められやしませんよ.7回の表の荒木・井端の1,2番コンビの攻撃など見事なものだったし.
 しかし,両軍合わせてもたったの6安打で20三振とは.投手戦の醍醐味でした.そうそう,セギノールの本塁打への配球について,たまたま聞くことのできた,テレビ中継の野村克也とラジオ中継の鈴木啓示という,全く異なるタイプの解説者が異口同音に同じ内容のことを言っていたのが可笑しかった(^^;).

 さて,今日ダルビッシュは130球以上投げて完投してしまったので,第5戦の先発がちと難しくなったかも.となると明日以降はグリン,武田勝,スウィーニー,吉川の順番かな.個人的にはルーキー山本一徳投手(ウチのカミさんの高校の後輩)が日本シリーズでファイターズのマウンドに立つところを見たいのだが,そのときはファイターズの負けてる試合なのかなあ(^^;)?

« シューマン/交響的練習曲 | トップページ | オルフ/カルミナ・ブラーナ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

ファイターズは左の中継ぎが不足してますので、僅差で中盤先発ふらふら、バッター森野・立浪・井上なら勝ち負けかかわらず山本投手の登板機会はあると思います。このひと、ストライクさえ先行すれば重い速球で手が付けられないほどのピッチングしますが、ボール先行だと間違いなくめった打ちなので大博打ですが。でも、展開により東京六大学未勝利のピッチャーがプロ一年目の日本シリーズで勝利投手、なんてことはそんなに確率低いことではないと思います、今のファイターズの中継ぎメンバーなら。
昨日の試合は特殊すぎて両軍にとってあまり今後の勝敗には影響しないと思いますので、日本シリーズは今日からが本当の勝負だと。野村克也が言うとおり日本シリーズはキャッチャー対決というのなら、今日から登場の高橋VS谷繁の構図なのですが、この2人だと配球・守備のミスをした方が負け、という試合が続きそうです。

…あぁ、初登板は7点差負けの場面でしたね、山本投手。予想力不足。
吉川投手が登板したので5戦目はダル確定ですかね。

>>tohruさん

今日はグリンがこけたら,みんなこけちゃいましたね.山本は何とか1回3分の1抑えましたけど.気がついたら,今日の投手で結果は1番よかったかも.あまり喜べませんが.
今日の感想は,別エントリーにて.

第5戦,中4日でダルビッシュですね.

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯:

« シューマン/交響的練習曲 | トップページ | オルフ/カルミナ・ブラーナ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ