2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« シューマン/ピアノ五重奏曲 | トップページ | 「時津風」の話 »

2007/10/02

ブルックナー/交響曲第7番

ブルックナー/交響曲第7番ホ長調@カール・シューリヒト/ベルリン・フィル(フィリップス/新星堂:SGR-6006/6007)

 1938年の録音.元レーベルはドイツ・ポリドールだったもの.
 シューリヒトのブルックナー/第7番と言うのは,ヴィーン・フィルが初めてUSA公演をしたとき(最初はフルトヴェングラーの予定が死去したためにエーリヒ・クライバーに変更したらクライバーも急死してしまい,シューリヒトにお鉢が廻ってきたという)の演目で,大成功を収めたものである.何でも,とある演奏会場で何時も音楽を聴きながら編み物をしていた老婦人が,シューリヒト/ヴィーン・フィルの第7番を聴いたとき,ついにその手を休めて演奏に聴き入り,終了後はスタンディング・オベイションを贈ったという逸話があるほどの成功だったらしい.
 残念ながら,この録音は第二次大戦前のモノラルSP録音で,その名演ぶりを思い起こさせるにはいささか不足気味だが,ハーグ・フィルとの録音(コンサートホール)に比べれば,さすがにオケは重厚で上手い.その重厚で上手いオケをシューリヒトが飄々と振っているように聴こえるのは,僕の気のせいかな?

 ・・・・・・はてな,ここ数日,何故か「はてなスター」が表示できません.原因を探しております.

« シューマン/ピアノ五重奏曲 | トップページ | 「時津風」の話 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー/交響曲第7番:

« シューマン/ピアノ五重奏曲 | トップページ | 「時津風」の話 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ