2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 | トップページ | ロッシーニ/スターバト・マーテル »

2007/09/15

「僕はパパを殺すことに決めた」

 最初にお断りしておきますが,僕はこの本を読んでいません.ですから,以下の文章はその内容の当否を問題にしているものではありません.

 さて,昨日こんな出来事がありました.


奈良の放火少年調書漏えいで鑑定医宅など捜索

 奈良県田原本町で平成18年6月、医師(48)宅が全焼し母子3人が死亡した事件を題材にした書籍に、殺人などの非行事実で中等少年院送致になった長男(17)らの供述調書が引用されていた問題で、奈良地検は14日、調書の内容などを著者のフリージャーナリスト側に漏らしたとして、秘密漏示(ろうじ)容疑で、長男の精神鑑定を担当した京都市内の精神科医宅や勤務先病院の家宅捜索を始め、強制捜査に乗り出した。同容疑での強制捜査は異例で、「言論の自由」などとの関係をめぐって論議を呼びそうだ。

 問題となった書籍は、元法務省東京少年鑑別所法務教官の草薙厚子さんが今年5月、講談社から出版した「僕はパパを殺すことに決めた」。

 調べなどによると、精神科医は、当時高校1年だった長男の少年審判に際して長男の精神鑑定を担当。その後、草薙さん側に、事件の調書の写しを渡した疑いが持たれている。秘密漏示罪では、医師や弁護士らが正当な理由なく業務上知り得た秘密の漏洩(ろうえい)を禁じている。父親の医師らが著者や鑑定医を告訴していた。
(後略)

産経新聞 http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070914/jkn070914006.htm から
この件を受けて,今日(15日)の全国紙に真っ向から対立する2つの社説が出ています.

読売新聞【調書本出版 漏えいは少年法の精神にもとる
毎日新聞【社説:少年調書引用 強制捜査まで必要なのか

個人的には,読売新聞がことさら少年法を持ち出すのは天に唾するような(^^;)ものだと感じてますが,それはさておき.また,産経新聞webが意外にも,まめに著者をはじめ鳩山邦夫法相,講談社などの声を拾っていますので,興味のある方は参照してください.

 この件は早かれ遅かれ,対岸の火事に止まらず公共図書館業界に波及してくるものと思われます.全国の公共図書館各位,また日本図書館協会のリスクマネジメント能力がまたまた試される事態に陥らないよう,細心の注意を払っていただくことを,関係者に希望しておきます.なお,日本ペンクラブは既に法務省から勧告がなされた際,8月30日付で抗議の声明を出しています.【PEN声明 出版社及び著述家に対する法務省勧告に抗議する声明

« ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 | トップページ | ロッシーニ/スターバト・マーテル »

図書館系」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「僕はパパを殺すことに決めた」:

» 少年調書の引用本、公立図書館で閲覧中止の動き [愚智提衡而立治之至也]
 【愚智提衡而立治之至也: 「僕はパパを殺すことに決めた」】で懸念した通りの事態 [続きを読む]

« ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 | トップページ | ロッシーニ/スターバト・マーテル »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ