2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 「場所としての図書館」試論 | トップページ | 「図書館員の匿名性」について »

2007/09/16

マーラー/交響曲第7番

マーラー/交響曲第7番ホ短調@ジェームズ・レヴァイン/シカゴ交響楽団(BMG:BVCC-38134/38135)

 1980年7月の録音.
 最近ではマーラーの第7番も,選ぶのに難渋するほどの録音が出ているが,このレヴァイン盤がLPで出た頃は,田舎のレコード屋の棚で7番を探しても無い,などということはよくあった.同じ頃にクーベリック盤とクレンペラー盤が廉価盤で再発され,それにノイマン/チェコ・フィルのスプラフォン盤があれば御の字(^^;).それほど,この作品はマーラーの作品の中でも不人気だったと記憶する.その中で,このレヴァイン盤は当時,もっとも説得力のある名演であり,その価値はラトルやベルティーニの録音が出現した今でも,いささかも減じるものではない,と僕は思っている.ある評論家がレヴァインの音楽を「ディズニーランドの音楽」と評したそうだが,その骨太の華やかさと柔軟な音楽作りと適切なテンポ感が,この録音では見事な結実を生んでいる,と言えよう.

« 「場所としての図書館」試論 | トップページ | 「図書館員の匿名性」について »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラー/交響曲第7番:

« 「場所としての図書館」試論 | トップページ | 「図書館員の匿名性」について »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ