2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ヴィヴァルディ/四季 | トップページ | シューベルト/交響曲ハ長調D.944 »

2007/09/08

アルヴェーン/交響曲第2番

アルヴェーン/交響曲第2番ニ長調作品11@ネーメ・ヤルヴィ/ストックホルム・フィル(BIS:BIS-CD-385)

 1987年12月の録音.
 ヒューゴ・アルヴェーン(1872-1960)の交響曲第2番(1898年作曲)は求心力よりも遠心力のはたらいたような音楽で,演奏時間50分を超える大作である.第1楽章では親しみ易い旋律が滔々と大河の如く流れ出るが,第2楽章以降はラフマニノフの第2番から甘さと親しみ易さを差っぴいたような重々しい音楽が流れていく.そのあまりのコントラストの激しさ故か,どうしても交響曲としての求心力が僕には感じられない.

 ヤルヴィの指揮は何時もの如く職人的手堅さの上にホットな情感を漂わせているものだが,この作品では静謐なところで充実と情感が欠けているようにも感じられる.「アルヴェーンとヤルヴィは相性がよくないのでは?」という声も聞くので,機会があれば他の指揮者による録音を聴いてみたいところ.

« ヴィヴァルディ/四季 | トップページ | シューベルト/交響曲ハ長調D.944 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルヴェーン/交響曲第2番:

« ヴィヴァルディ/四季 | トップページ | シューベルト/交響曲ハ長調D.944 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ