2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 「現場」と「研究」,「普遍」と「独創」 | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 »

2007/09/13

ヴァイル/ベルリン・レクィエム

ヴァイル/ベルリン・レクィエム@フィリップ・ヘレヴェッヘ/アンサンブル・ムジーク・オブリーク(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMA1951422)

 1992年5月の録音.
 ベルトルト・ブレヒト(1898-1956)とクルト・ヴァイル(1900-1950)の共同作業のひとつとして1928年に作曲された,ブレヒトのテキストによるレクィエムである.「大いなる感謝の合唱」「おぼれた少女のバラード」「記念碑」「凱旋門の下の無名戦士のための報告第1」「凱旋門の下の無名戦士のための報告第2」「大いなる感謝の合唱」の6章からなる,20分少々の作品.当然ながら,同時期に作曲された「三文オペラ」によく似た雰囲気の音楽が展開されるが,「三文オペラ」の滑稽さに代わってこの作品を支配するのは,怒りと絶望であるように感じられる.元来はローザ・ルクセンブルク(1871-1919)への追悼のメッセージがこめられていたというテキストは,検閲のために変更されたというが,音楽は充分にそのメッセージ性を残している.

 しかし,ヘレヴェッヘって古楽ばかりじゃなくて,シェーンベルクの「狂気のピエロ」も録音しているし,ヴァイルのこんな作品も録音しているんですねえ.面白いひとだ(^^;).

« 「現場」と「研究」,「普遍」と「独創」 | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイル/ベルリン・レクィエム:

« 「現場」と「研究」,「普遍」と「独創」 | トップページ | ショスタコーヴィチ/交響曲第15番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ