2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ヨハン・シュトラウス1世/ラデツキー行進曲 | トップページ | ヴェレシュ/交響曲第1番 »

2007/08/04

ドビュッシー/ヴァイオリン・ソナタ

ドビュッシー/ヴァイオリン・ソナタ@ジャック・ティボー&アルフレッド・コルトー(EMI:CE30-5741)

 1929年の録音.マーラーの交響曲第2番の演奏会を,途中で席を蹴って出て行ったドビュッシー(1862-1918)は苦手中の苦手なので,ウチのCDライブラリーを探し回って,結局この録音しかないのであった.録音年から言って当然,電気録音初期のモノーラルであるが,曖昧模糊とした進行と謎めいた雰囲気が身上のドビュッシーには,作曲家と同時代の空気を吸っていたティボー(1880-1953)とコルトー(1877-1962)による演奏が相応しいところもあるだろう.
 
 さて,ドビュッシーは第1次大戦が始まると,「フランスの作曲家」としてドイツの侵攻に対抗すべく,「様々な編成による6つのソナタ」を作曲する計画を立てる.既に病魔に冒されていたドビュッシーは,それでも「チェロとピアノのためのソナタ」「フルート・ヴィオラとハープのためのソナタ」(ともに1915年)を書き上げ,次いで1917年に完成させたのがこの「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」である.ドビュッシーはここで力尽き,残る3曲のソナタは未完に終わる.

 この録音,ティボーのこぼれるような美音はある程度堪能出来るものの,曲についてはこのコンビを以ってしても,残念ながら僕にはよくわからない.残念なことだが.

« ヨハン・シュトラウス1世/ラデツキー行進曲 | トップページ | ヴェレシュ/交響曲第1番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドビュッシー/ヴァイオリン・ソナタ:

« ヨハン・シュトラウス1世/ラデツキー行進曲 | トップページ | ヴェレシュ/交響曲第1番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ