2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌 | トップページ | 瀬戸口藤吉/愛国行進曲 »

2007/08/07

オネゲル/交響曲第2番

オネゲル/交響曲第2番@マリス・ヤンソンス/オスロ・フィル(EMI:5 55122 2)

 1993年11月から12月の録音.以前,終楽章にトランペットの入らないプラッソン盤を取り上げたが,こちらは,終楽章にトランペットが入る演奏.徹頭徹尾陰々滅々な雰囲気で進行する音楽の,最後の最後で控え目ながらも朗々と吹き鳴らされるトランペットに,抵抗へのかすかな希望を見出す.

 どうもこの曲を聴いていると,この作品の時代背景と,目の前で行われている現実とのあまりの符合に,時々愕然とすることがあって,聴いているうちにどうしても思い入れを感じがち.僕個人は,もう何事に対しても,戦うだけの気力も知力も残ってないけどね.

 元々はパウル・ザッハー(1906-1999)の創設したバーゼル室内管絃楽団の創立10周年を記念するため,ザッハーから委嘱された作品だったが,作曲が遅々として進まぬ間に,ナチス・ドイツのフランスへの侵攻と降伏,ヴィシー政権の成立などが相次ぎ,占領下のパリの陰鬱な日々の暮らしの中でようやく1941年にこの交響曲を書き上げる.翌1942年にザッハーがチューリヒで初演するが,当時パリ音楽院管絃楽団の指揮者だったシャルル・ミュンシュがこの交響曲を好んで取り上げていたそうである.

« ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌 | トップページ | 瀬戸口藤吉/愛国行進曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オネゲル/交響曲第2番:

« ペンデレツキ/広島の犠牲者に捧げる哀歌 | トップページ | 瀬戸口藤吉/愛国行進曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ