2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ヴァーグナー/交響曲ハ長調 »

2007/07/11

J.S.バッハ/ミサ曲ヘ長調

J.S.バッハ/ミサ曲ヘ長調BWV233@ヘルムート・リリング/バッハ・コレギウム・シュトゥットガルト(インターコード:INT 820.510)

 1967年(?)の録音.
 J.S.バッハと言えども,いつもしんねりむっつりしたロ短調ミサ曲のようなミサばかり書いていたわけではない(^^;).BWV233はキリエとグローリアの6曲からなる30分ほどの作品で,すべてが他の目的で書かれた旧作からの転用であるらしい.が,音楽たちは何としっかりとひとつのまとまりを形作っていることか.この頃までの音楽における融通無碍なところがあるにしても,その職人芸には脱帽して聴き入るのみ.
 今日は「たどりついたらいつも雨降り」な1日だったので,斯様な音楽を聴いて気晴らしをするのも一興かと(^^;).リリングの棒がまた,やさしい眼でバッハの音楽を奏でるのがとてもウレシイ.古楽派から見れば,もはや旧タイプのバッハ演奏なんだろうけど,とんがったバッハばかり聴くのは疲れた身と心に,ちと痛いときもあるのです.

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ヴァーグナー/交響曲ハ長調 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/ミサ曲ヘ長調:

« リヒャルト・シュトラウス/英雄の生涯 | トップページ | ヴァーグナー/交響曲ハ長調 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ