2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« バルトーク/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | ベルク/3つの管絃楽曲 »

2007/07/04

ヒンデミット/交響曲変ホ調

ヒンデミット/交響曲変ホ調@ヤン・パスカル・トルトゥリエ/BBCフィルハーモニック(シャンドス:CHAN9060)

 1991年10月の録音.
 「スコアの上から下まで作曲した」パウル・ヒンデミット(1895-1963)は晩年になればなるほど,つまらない作品を書くようになって次第に指揮者・教育者としての晩年を過ごすようになるわけだが,この作品(1940年作曲)あたりではまだまだ聴くものの耳をそばだてるような音楽を書いている.それにしてもやかましい作品で,ムーティ/フィラデルフィアのライヴがNHK-FMで放送された際,初めて聴いたときは冒頭から「何だよ,これは(*_*)」と仰天したことを想い出す.ムーティもスクリャービンの立派な交響曲全集(EMI)を録音しているくらいなんだから,ヒンデミットとかプロコフィエフとかリヒャルト・シュトラウスとか,もう少し録音してくれてもよかったんじゃあないかと,今にして思うところ(ムーティはモーツァルトやシューベルトよりも断然,近現代の調性音楽の方がテンペラメントにあっていたと思う).

 ・・・・・・あれ,ヤン・パスカル・トルトゥリエは何処にいった(^^;)?

« バルトーク/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | ベルク/3つの管絃楽曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

ムーティのプロコのロミジュリはサイコーっすよ。全曲版じゃないけど。

>>ふみおさん

そうですか,「ロミジュリ」がありましたか.ゲルギエフの全曲版を既に持っているので(悪くないし),ムーティのは出会い頭に会うのを楽しみにしております(^^;).

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒンデミット/交響曲変ホ調:

« バルトーク/絃楽四重奏曲第1番 | トップページ | ベルク/3つの管絃楽曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ