2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« オッフェンバック/パリの喜び | トップページ | 朝青龍「仮病」疑惑騒動 »

2007/07/28

カリンニコフ/交響曲第1番

カリンニコフ/交響曲第1番ト短調@ネーメ・ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管絃楽団(シャンドス:CHAN8611)

 1987年4月の録音.ロシア(旧ソ連)以外でのカリンニコフ再評価の嚆矢となった録音ではあるまいか? 第2次大戦前は日本でも近衛秀麿により演奏されたことがあり,それなり知られていた作品だが,戦後は歴史の片隅に追いやられていた感がある.故・大木正興は「レコード芸術」誌上の新譜月評でスヴェトラーノフの録音を,作品ともどもバッサリ切り捨てていたと記憶する.
 しかしこの交響曲は,病と貧困の中で世を去ったヴァシリー・カリンニコフ(1866-1901)の残した,傑作である.どこか懐かしい雰囲気の漂う旋律と,(チャイコフスキーを除く)当時のロシアの作曲家には珍しいほどの構成力が渾然一体,絶妙なバランスで表現されている.

« オッフェンバック/パリの喜び | トップページ | 朝青龍「仮病」疑惑騒動 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリンニコフ/交響曲第1番:

« オッフェンバック/パリの喜び | トップページ | 朝青龍「仮病」疑惑騒動 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ