2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« オルフ/カルミナ・ブラーナ | トップページ | ヒンデミット/交響曲変ホ調 »

2007/07/03

バルトーク/絃楽四重奏曲第1番

バルトーク/絃楽四重奏曲第1番イ短調作品7(Sz52)@アルバン・ベルク四重奏団(EMI:3 60947 2)

 1983年から1986年にかけて録音されたアルバン・ベルク四重奏団によるバルトーク/絃楽四重奏曲全集から.これまたブックレットが不親切で,どの曲が何年に録音されたのだかよくわからない書き方で,ちょっと困る.この全集は発売当時,大絶賛された全集だったと記憶するが,なるほど,これほど豊かな響きを持ったバルトークの絃楽四重奏というのは,20年前には目新しかっただろうし,現在においてもその価値が衰えているとは思えない.

 絃楽四重奏には珍しい(?)3楽章構成で,それもショスタコーヴィチの交響曲第6番の先取りのような序・破・急の構成をとる.全体を覆う重苦しさなどに,作曲当時のバルトークが抱えていた恋愛の苦悩を見る向きが多いわけだが,恋愛沙汰の結果にしてはこの曲,いささか深刻すぎる響きのように聴こえないでもない.バルトークというひとは,何でも自分の中に抱え込んでしまうタイプだったと想像できるが,それにしても(sigh).

« オルフ/カルミナ・ブラーナ | トップページ | ヒンデミット/交響曲変ホ調 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルトーク/絃楽四重奏曲第1番:

« オルフ/カルミナ・ブラーナ | トップページ | ヒンデミット/交響曲変ホ調 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ