2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番 | トップページ | 尾高尚忠/フルート協奏曲 »

2007/06/11

J.S.バッハ:ヴェーベルン/6声のリチェルカーレ

J.S.バッハ/「音楽の捧げもの」BWV1079より6声のリチェルカーレ(ヴェーベルン編曲)@ピエール・ブーレーズ/ロンドン交響楽団(ソニー:SM3K45845)

 1969年6月録音.ブーレーズがもっともブーレーズらしい指揮を展開していた頃の,記念碑的ヴェーベルン全集から.何て言うのか,ヴェーベルンの編曲には,ざわついていた心が平らかにさせられる力があるような.それは元からバッハの音楽が持っている力なのかもしれないけれども,この編曲は見事なものだと思う.

 それにしてもこれ,しばらく振りに引っ張り出したCDだけど,今とは別人のブーレーズがホントにここにいるのには,ビックリさせられる(^^;).この頃のブーレーズは,実に怜悧かつ玲瓏な指揮をしていたものである.DGに録音するようになってからのブーレーズは,大指揮者よろしくブルックナーまで振るようになってしまったわけでorz マーラーの第2番など,その昔ドビュッシーやデュカスがマーラー自身が振る演奏会を中途で席を立ってしまったほどなのに,その第2番をブーレーズが振って人気を取るというのは,どういうことなんだか(-_-;).
 納得いかない話ではある.

« ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番 | トップページ | 尾高尚忠/フルート協奏曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ:ヴェーベルン/6声のリチェルカーレ:

« ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番 | トップページ | 尾高尚忠/フルート協奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ