2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« バラケ/ピアノ・ソナタ | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第7番 »

2007/06/28

エルガー/交響曲第2番

エルガー/交響曲第2番変ホ長調作品63@エイドリアン・ボールト/BBC交響楽団(EMI:CDH7 63134 2)

 1944年8月の録音.当然モノーラル,だがノーブルが身上だと思われているボールト(1889-1983)の常に似ず,荒っぽくなることさえ厭わない,大変にテンションの高い演奏なのである,これが(^^;).第二次世界大戦末期の反転攻勢期の録音だからなのか,この作品を再度世に送り出した指揮者としての矜持なのか,ちょっと面白いところである.

 ところで,先日レコード屋に行ったら妙にガーシュウィンとエルガーの棚が充実している.なんでやねん,と思ったら今年(2007年)はガーシュウィン(1898-1937)の没後70年,エルガー(1857-1934)の生誕150年なんですね.

« バラケ/ピアノ・ソナタ | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第7番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルガー/交響曲第2番:

« バラケ/ピアノ・ソナタ | トップページ | ベートーヴェン/交響曲第7番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ