2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« プーランク/2台のピアノのための協奏曲 | トップページ | J.S.バッハ:ヴェーベルン/6声のリチェルカーレ »

2007/06/10

ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番

ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番ヘ短調作品73@チャールズ・ナイディック&オルフェウス室内管絃楽団(DG:UCCG-9470)

 1991年4月の録音.
 カール・マリア・フォン・ウェーバー(1786-1826)のクラリネットをフィーチュアした作品は,友人のクラリネット奏者ハインリヒ・ベルマンのために書かれたもの.この曲では劇的な第1楽章からゆったりとした牧歌的な第2楽章を経て,踊るように楽しげな終楽章(ただし中間部ではちと影が差す)にいたる,ベートーヴェン風な「暗から明へ」という曲調をとる.その旋律の豊かさと音楽の劇的な振幅の激しさが,恐らく歌劇作曲家として成功した要因のひとつなのかな.
 オペラを聴かない当方には,ウェーバーの魅力はいまひとつピンと来ないところがあるのだけど(^^;).どこか,安心して聴き流せない怪しさ(危うさ?)のようなものがこの曲に限らず,ウェーバーの音楽に感じられるのは,気のせいかしらん?

« プーランク/2台のピアノのための協奏曲 | トップページ | J.S.バッハ:ヴェーベルン/6声のリチェルカーレ »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェーバー/クラリネット協奏曲第1番:

« プーランク/2台のピアノのための協奏曲 | トップページ | J.S.バッハ:ヴェーベルン/6声のリチェルカーレ »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ