2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ハルトマン/葬送協奏曲 | トップページ | ブルックナー/ロマンティック »

2007/06/14

J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第4番

J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調BWV1049@カール・シューリヒト/チューリヒ・バロック・アンサンブル(コンサートホール/スクリベンドゥム:SC011)

 カール・シューリヒト(1880-1968)最後の録音になった1966年5月のブランデンブルク協奏曲全曲から.このアンサンブル,実はかなり名のある奏者の集まりだよ,という話を何処かで読んだ記憶があるが,確かにシューリヒト/ハーグ・フィルのブルックナーなど必ずしもよい音を録っていないコンサートホール盤としては,かなり深みとコクのある音で録音されているように聴こえる.演奏もなかなか温かみのある好演で,シューリヒトが自分の身の丈に合ったバッハを慈しみ,楽しんでいるかのようである.モダン楽器によるバッハなんて,と思っている方にも一聴をお薦めする.古楽派の切れ味とはまた一味違う,暖かなバッハである.

« ハルトマン/葬送協奏曲 | トップページ | ブルックナー/ロマンティック »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第4番:

« ハルトマン/葬送協奏曲 | トップページ | ブルックナー/ロマンティック »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ