2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« わかる方だけわかれば | トップページ | アイヴズ/交響曲第2番 »

2007/06/19

ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ

ストラヴィンスキー/バレエ音楽「ペトルーシュカ」@アンタル・ドラティ/デトロイト交響楽団(デッカ:UCCD-3210)

 1980年6月の録音.アンタル・ドラティ(1906-1988)晩年の再評価につながった名演の名録音である.元々優秀なオーケストラ・ビルダーとして評価の高かった指揮者だったが,マーキュリー時代(1950年代後半から1960年代前半)の録音など,オケの統率には聴くべきものがあるものの「うたごころ」がいまひとつ,というのが,僕が例えばブラームスの交響曲全集などから受ける印象.それが,ワシントン・ナショナル交響楽団との録音(ヴァーグナーなど聴いたことがあるけど,これは如何にもオケが非力.このオケが何とか聴けるオケになるのはロストロポーヴィチやレナード・スラットキンが指揮するようになって後のことでしょう)を経て,デトロイト交響楽団との録音が主になる頃には,ようやく何かに縛られていたかの如き「うたごころ」が解放されて,名演奏を録音で連発するようになったんじゃないかしらん? この「ペトルーシュカ」も嫌なところが全くない,名演だと思う.

« わかる方だけわかれば | トップページ | アイヴズ/交響曲第2番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー/ペトルーシュカ:

« わかる方だけわかれば | トップページ | アイヴズ/交響曲第2番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ