2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番(ピアノ&絃楽五重奏版) | トップページ | ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 »

2007/06/03

W.A.モーツァルト/レクィエム

W.A.モーツァルト/レクィエムニ短調K.626@ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(DG:UCCG-5025)

 1975年9月,カラヤン二度目の録音.
 とある事情から,このレクィエムの録音を午後中,何種類か聴いてみたんだけど,この録音は指揮者,オケ,独唱はともかく合唱が下手_| ̄|○ カラヤンはヴィーン楽友協会合唱団という団体を,理由があって(内容は忘れた)自分の録音では常に使い続けたのだけど,ベルリン・フィルとの第1回目のベートーヴェン全集(1960年代初頭)の頃はまだしも,この録音では「キリエ」「ディエス・イレー」はともかく,「コンフタティス」「ドミネ・イエス・クリステ」など残念ながら聴けたものではない,という程度にまで技量が落ちていたんじゃないだろうか.カラヤンの統率力は相変わらずなんだけどねえ.

 しかし,それにしてもこの作品の,音楽そのものの持っている「ひとを惹きつける力」は清冽かつ凄絶なものがあるよね.今日はとある事情で6種類ほど続けて聴いてみたけど,まったくもたれないし,それどころかこれでも聴き足りないとすら思ってしまうほど.

« ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番(ピアノ&絃楽五重奏版) | トップページ | ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

ちょい珍しい盤としては、リヒター盤とか、佐藤宏之盤(!)とか持ってます。もうちょっと追求してみましょうかねえ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W.A.モーツァルト/レクィエム:

« ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番(ピアノ&絃楽五重奏版) | トップページ | ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ