2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 脳内イメージ | トップページ | エルガー/交響曲第2番 »

2007/06/27

バラケ/ピアノ・ソナタ

バラケ/ピアノ・ソナタ@シュテファン・リトウィン(cpo:999 569-2)

 1997年10月の録音.
 ジャン・バラケ(1928-1973)はピエール・ブーレーズなどと同じような立場から出発しながら,次第に独自の難解な理念と手法を展開するようになり,結局は当時の前衛たちをも越えてしまった孤高の作曲家.完璧主義故に生前発表した作品はたったの7つで,そのうち後半の4作はヘルマン・ブロッホの『ウェルギリウスの死』という小説に基づく長大な作品のそれぞれ一部分をなすはずのものだったという.このソナタが収録されている3枚組のCDは,バラケの「作品全集」(!)なのである.

 『ウェルギリウスの死』以前の1952年に作曲されたこのピアノ・ソナタは2楽章ながら50分を超える大作で,公開初演までに15年もかかった難曲.聴いていると,どうも演奏会で聴衆に聴かせることは想定していないんじゃないか,と思わせる.「セリー技法」などの音楽技法に精通していない素人がこのような作品を聴くときは,リズムや音色,音響の衝突がどれだけ多彩か(オリヴィエ・メシアンの『トゥーランガリーラ交響曲』を想起されたい)を聴くのが関の山,といったところだが,この作品は基本的に静謐で求心力の強い音楽であるものの,ところどころで切れ切れに展開されるリズムや音響の衝突が,何とか聴く側の意識を作品の側に向けさせる.

« 脳内イメージ | トップページ | エルガー/交響曲第2番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラケ/ピアノ・ソナタ:

« 脳内イメージ | トップページ | エルガー/交響曲第2番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ