2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年4月12日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

2007/04/12

ヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲

ヴァーグナー/「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲@カール・ムック/ベルリン国立歌劇場管絃楽団(HMV/プライザー:90269)

 今週はこの国のあちこちで入学式が挙行されていたでしょうから,入学式の導入によく使われる作品を.
 これは1927年録音.バイロイトで長いこと「パルジファル」を指揮し,バイロイトの主のように見られていた(ヴァーグナーの隠し子じゃないか,という噂があったほどヴァーグナーに似ていたとも)というカール・ムック(1959-1940)の振る「マイスタージンガー」前奏曲である.何と言っても,その演奏の「そっけなさ」には驚かされる.速めのテンポでほとんどタメを作ることなく,ある意味モダーンで格調の高い音楽が紡ぎ出されるのだが,音楽が全くと言っていいほど高揚しないのである(^^;).もちろん音は楽譜の指示に従って大きくなったり小さくなったりするが,これはエリック・サティ言うところの「家具の音楽」かいな,と言いたくなるほど音楽に思い入れというものが感じられない.それでも,ここで聴かれる音楽は決して「やっつけ仕事」のようなものでもない.アンサンブルはきちんと練り合わされ(初期クナッパーツブッシュのような「いい加減さ」は感じられない),それほど練度の高くないと思われるオケから整然とした演奏を聴かせているのである.
 ちょっと不思議なことではある.

« 日常(2007年4月12日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲:

« 日常(2007年4月12日) | トップページ | ブルックナー/交響曲第7番 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ