2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年4月11日) | トップページ | ヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲 »

2007/04/12

日常(2007年4月12日)

 出勤日.新入生オリエンテーション2日目.午前中で8回,手分けして終了.さらに講堂で新入生全員に対して「図書館とは何か」的な話を,パワーポイントを使って説明.パワーポイントを使うのが初めてな上に,多少練習したとは言え発表原稿どころかメモも作らなかったのに,スライド11枚で持ち時間30分が埋まる(^^;).ついつい口が滑って「図書館はやる気のあるひとをサポートするけど,やる気の無いひとからやる気を引き出すようなことはしないよ」と言い放ってしまった(^^;).明日あたり,エライひとに呼び出し食ったらどうしよう.

 ところで,オリエンテーションを手分けしたのが余程気に入らなかったのか,別件で意見を交わしていた部下が泣き出す.あとで他の部下に尋ねても,理由がわからないという(^^;).何時もだと,議論が過熱しすぎて僕が怒鳴りつける,というのが通例なんだけど,今回は別に僕が怒ったわけでもない(と周囲も認めている).何しろ相手が年上だから,僕もそれなりに気を遣っているのに,そういう態度に出られれるのではたまったものではないのだが(-_-;).
 僕に言わせりゃ,オリエンテーションなどというものは図書館司書がプロの仕事だと言うのであれば,司書資格を持って図書館(館種問わず)で働いている誰もがこなせなければいけない仕事のはずなんだよね.僕も,日に3回くらいならつべこべ言わず,すべて自分で引き受けるけど,1日に180分で8回+講堂で30分は幾ら何でもひとりでこなすには限度を超えているのですよ.これがキツクない,こなせます耐えられますという方がいたら,それをこなし耐えるために必要な訓練(?)が何であるか,お伺いしたいくらい.
 恐らく,2,3年に1回新人さんが入ってくる大きな大学図書館であれば,新入生オリエンテーションは「長」の付く館員ではなく,若手の仕事でしょ.で,これをこなしていくことが接客(接遇ですか?)を覚えるための第一,とまではいかなくとも第二程度の関門じゃあないかと考えていたのですが,どうやら違うことを考えているヒトもいるみたいでねえ(sigh).
 他人のために役立つことが嫌いな奴,出来ない奴は,図書館員になんかなっちゃいけないよ.

« 日常(2007年4月11日) | トップページ | ヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常(2007年4月12日):

« 日常(2007年4月11日) | トップページ | ヴァーグナー/マイスタージンガー前奏曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ