2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« ペルゴレージ/スターバト・マーテル | トップページ | 日常(2007年4月6日) »

2007/04/06

J.S.バッハ/ヨハネ受難曲

J.S.バッハ/ヨハネ受難曲BWV245@フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャペル・ロワイヤル管絃楽団(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMX2951264.65)

 僕の場合,同じバッハの「マタイ受難曲」に比べると,あの圧倒的な冒頭合唱の強烈な印象の分だけ,「ヨハネ受難曲」を聴く機会は多くない(「マタイ」でも「ヨハネ」でも,そう年に何度も引っ張り出して聴くこともしないが).それでも,全体を通じて振幅の激しい音楽が,息も継がせぬ勢いで繰り出されることはよくわかる.ヘレヴェッヘの指揮は,何時もながらの明晰で音楽の性格をよく掴んだもの.

« ペルゴレージ/スターバト・マーテル | トップページ | 日常(2007年4月6日) »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ/ヨハネ受難曲:

« ペルゴレージ/スターバト・マーテル | トップページ | 日常(2007年4月6日) »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ