2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント・トラックバックの取り扱いについて

  • コメント・トラックバックをお寄せいただき,ありがとうございます.blog主が確認ののち,公開されますのでしばらくの間,お待ちいただくことがありますがご了承ください.当blogに無関係な内容のコメント・トラックバックはblog主の判断で削除されるものもあります.

「貸出至上主義者」度チェックβ版

ココログ


ほし2

« 日常(2007年4月5日) | トップページ | J.S.バッハ/ヨハネ受難曲 »

2007/04/05

ペルゴレージ/スターバト・マーテル

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ/スターバト・マーテル@ルネ・ヤーコプス/コンチェルト・ヴォカーレ(ハルモニア・ムンディ・フランス:HMX290830)

 「悲しみの無い音楽というものをわたしは知らない」と述べたのはシューベルトだったと記憶しているが,夭折の天才ペルゴレージ(1710-1736)のこの作品は,その言葉が正に当てはまる.「スターバト・マーテル」(聖母哀傷)という詩の内容に相応しい,悲痛な調べが全編を覆い尽くしている.わずか26歳で,ここまで音楽的才能を開花させたペルゴレージの能力たるや,少々信じ難いものさえある.
 この演奏はヴォーカル・ソロにソプラノとアルトではなく,ボーイ・ソプラノとカウンターテナーを立てたもの.ボーイ・ソプラノのたどたどしくも天衣無縫な歌が,何処か物悲しげで涙を誘う.

« 日常(2007年4月5日) | トップページ | J.S.バッハ/ヨハネ受難曲 »

今日のBGM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルゴレージ/スターバト・マーテル:

« 日常(2007年4月5日) | トップページ | J.S.バッハ/ヨハネ受難曲 »

UNIQLOCK

ついった

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク注目エントリー

「愚智提衡而立治之至也」のはてなブックマーク人気エントリー

あわせて読みたい

  • あわせて読みたい

只今積読中

ココログ図書館ネタ